犬の病気・猫の病気・大切な家族と一緒に暮らすためのペットの情報サイト【公式 ウィズペティ倶楽部】 | 獣医師の記事

× 閉じる × 閉じる
HOME > 獣医師の記事

獣医師の記事

1234
猫の心因性脱毛について 原因と対策法
獣医師
高橋 渉 2021-01-13

猫の心因性脱毛について 原因と対策法

猫に多い心因性脱毛についての原因、診断、治療、予防について詳しく解説いたします。

続きを読む ≫
猫の毛球症について 原因と対策法
獣医師
高橋 渉 2021-01-08

猫の毛球症について 原因と対策法

猫ちゃんに多い毛球症の原因、診断、治療、予防について詳しく解説いたします

続きを読む ≫
猫の停留睾丸について知りましょう
獣医師
藤井ちひろ 2021-01-05

猫の停留睾丸について知りましょう

ショップで、施設で、ブリーダーさんで、愛猫との出会いはさまざまです。これからの毎日を考えるとわくわくしますが、お迎えのときに伝えられる健康状態のところに「停留睾丸」はありませんか? どこからみても元気いっぱいなねこちゃん、でも異常があるの?これって大丈夫?? 安心してこれからの毎日を楽しめるよう、具体的にどういう異常なのか、どうすればいいのか、一つずつお話していきますね。

続きを読む ≫
犬の常同行動や不眠症、元気・食欲低下について
獣医師
若林薫 2020-12-23

犬の常同行動や不眠症、元気・食欲低下について

 犬におけるストレス性の疾病や体調変化として、常同行動や不眠症、元気・食欲低下などがあります。これらの問題行動について解説していきます。

続きを読む ≫
犬の先天性心奇形、動脈管開存症って何?子犬のうちに健康診断を!
獣医師
相澤啓介 2020-12-14

犬の先天性心奇形、動脈管開存症って何?子犬のうちに健康診断を!

犬の動脈管開存症は心奇形の一種で、大動脈と肺動脈を繋ぐ動脈管が生後も塞がらない疾患です。 軽度のものでは症状はありませんが、放置すると心不全を招き、致命的になります。 治療法は外科手術のみであり、早期の診断と治療が望まれます。 本記事では、犬の動脈管開存症について解説し、子犬のうちに健康診断を受けることを推奨していきます。

続きを読む ≫
犬の停留睾丸について知りましょう
獣医師
藤井ちひろ 2020-12-10

犬の停留睾丸について知りましょう

ショップで、施設で、ブリーダーさんで、愛犬との出会いはさまざまです。これからの毎日を考えるとわくわくしますが、お迎えのときに伝えられる健康状態のところに「停留睾丸」はありませんか? どこからみても元気いっぱいなわんちゃん、でも異常があるの?これって大丈夫?? 安心してこれからの毎日を楽しめるよう、具体的にどういう異常なのか、どうすればいいのか、一つずつお話していきますね。

続きを読む ≫
犬の膀胱炎について知りましょう
獣医師
藤井ちひろ 2020-12-07

犬の膀胱炎について知りましょう

猫ちゃんで有名なおしっこのトラブル、実はわんちゃんにも多いということをご存知ですか?とくに、感染による膀胱の炎症はわんちゃんが多く、8頭に1頭は一生のうちに一度は経験する病気とも報告されています。 おしっこがうまく出ない、もれてしまう、出すときに痛みをともなう・・・こんなトラブルはわんちゃんの身体だけでなく精神的にも大きなストレスになります。また、そんな愛犬をみるのはかわいそうでたまらなくなるはずです。 ぜひこの病気のことを知って予防を心がけてあげましょう。

続きを読む ≫
猫の肥満と食事療法
獣医師
若林薫 2020-12-04

猫の肥満と食事療法

 最近、肥満のねこちゃんが増えています。肥満は病気のリスクを上げる要素です。肥満に関係する病気と、食事療法によるダイエットの方法などについてわかりやすく説明しました。

続きを読む ≫
愛猫の歯が折れた!欠けた!に気づいたら・・・
獣医師
藤井ちひろ 2020-12-03

愛猫の歯が折れた!欠けた!に気づいたら・・・

愛猫にデンタルケアの習慣はありますか? もし難しくても、遊んでいるとき、休んでいるときねこちゃんの歯をよく見てください。もし歯の先が折れていたり、表面が欠けていたりしたら、それは放っておくと決していいことにはなりません。

続きを読む ≫
犬の先天性心奇形、心室中隔欠損とは?症状や治療について解説!
獣医師
相澤啓介 2020-12-02

犬の先天性心奇形、心室中隔欠損とは?症状や治療について解説!

犬の心室中隔欠損症は、先天性心疾患の中でも発生率の高いものです。 子犬を飼う上では先天性疾患の知識は非常に重要であり、獣医師としても飼い主さんに啓蒙していきたいことの一つです。 本記事では犬の心室中隔欠損症について解説し、病気の理解に役立てて頂ければと思います。 同時に、他の先天性疾患に対する理解のきっかけにして欲しいと思います。

続きを読む ≫
猫の流涙症について知りましょう。大きな病気のサインかも?
獣医師
藤井ちひろ 2020-12-01

猫の流涙症について知りましょう。大きな病気のサインかも?

猫ちゃんといえば、ぱっちりとこちらを見つめてくれる瞳、キャッツアイ・猫目石という宝石もあるくらいその美しさは特徴的です。 しかし、気がつくといつも涙をうかべている、それどころか目の周りがぐずぐずしていたち、しっかり開かなくなっていることも。ゴミがはいったのかな?なんて簡単に考えていたら、手術が必要な大ごとになってしまことも実はあるのです。 ぜひ眼と涙のことを知って、愛猫の大切な眼を守ってあげましょう。

続きを読む ≫
犬と猫の低血糖に注意!!
獣医師
小島成承 2020-11-24

犬と猫の低血糖に注意!!

新しく家族として迎えた子犬や子猫。よく遊び、よく食べ、よく寝て、どこを切り取っても可愛いですよね。 急に遊びだしたと思ったらすぐに眠くなったり、本当に忙しい生き物です。 しかし体調が悪くなってしまう時もあります。突然元気がなくなったり吐いたり、震えたり、、、。どうすれば!? もしかしたらその症状低血糖が原因かもしれません! そこで今回は子犬や子猫で起こりがちな“低血糖”について解説していきたいと思います。

続きを読む ≫
犬の便と健康
獣医師
若林薫 2020-11-20

犬の便と健康

 犬の健康状態は、元気や食欲の他、便や尿などの排泄物からも確認することができます。病気の早期発見・治療のために様々な便の状態と関連した病気について学んでいきましょう。

続きを読む ≫
犬の尿と健康
獣医師
若林薫 2020-11-17

犬の尿と健康

 犬の健康状態は、元気や食欲の他、便や尿などの排泄物からも確認することができます。尿は膀胱や尿道、腎臓のような泌尿器の他、ホルモンをつくりだす内分泌器官の異常を反映します。病気の早期発見・治療のために尿の状態について学んでいきましょう。

続きを読む ≫
愛犬の歯が折れた!欠けた!に気づいたら・・・
獣医師
藤井ちひろ 2020-11-13

愛犬の歯が折れた!欠けた!に気づいたら・・・

愛犬に歯みがきの習慣はありますか?もし難しくても、遊んでいるとき、休んでいるとき愛犬の歯をよく見てください。もし歯の先が折れていたり、表面が欠けていたりしたら、それは放っておくと決していいことにはなりません。

続きを読む ≫
犬のケンネルコフについて、原因と対策法
獣医師
高橋 渉 2020-11-09

犬のケンネルコフについて、原因と対策法

飼い始めの子犬が咳をし始めた。それは、ケンネルコフかもしれません。ケンネルコフの原因と対策法について詳しく解説いたします

続きを読む ≫
犬の涙焼けについて、原因と対策法
獣医師
高橋 渉 2020-11-05

犬の涙焼けについて、原因と対策法

犬に多い涙焼けですがその原因と対策法について解説いたします

続きを読む ≫
ヒトにも感染する可能性あり!犬レプトスピラ症って何?
獣医師
相澤啓介 2020-10-26

ヒトにも感染する可能性あり!犬レプトスピラ症って何?

犬レプトスピラ症はレプトスピラという細菌によって引き起こされる感染症です。 またレプトスピラ症は家畜伝染病予防法で届出伝染病に、感染症法では4類感染症に指定されており、発生の動向が重要な感染症でもあります。 犬だけでなくヒトでも注意すべき犬レプトスピラ症について解説します。

続きを読む ≫
仔犬の先天疾患、肝臓の病気
獣医師
若林薫 2020-10-14

仔犬の先天疾患、肝臓の病気

 子犬の食欲不振や運動不耐性の原因になる肝臓の先天性疾患。代表的な病気である小肝症と門脈シャントについてまとめました。病気のリスクと付き合うために一番重要なことは相手を知ることです。一緒に勉強をしていきましょう。

続きを読む ≫
犬・猫の天疱瘡ってどんな病気?症状や治療について徹底解説します!
ペット栄養管理士
畔柳沙絵 2020-10-13

犬・猫の天疱瘡ってどんな病気?症状や治療について徹底解説します!

天疱瘡という病気を聞いたことがありますか?人では聞いたことがあるけれど、犬や猫でも同じ病気があるの?と思われる方も多いでしょう。人では難病に指定されているこの病気、動物ではまだ未解明な部分の多い厄介な皮膚疾患です。 本記事では、天疱瘡の症状や診断、治療についてお話したいと思います。

続きを読む ≫
疑ったらすぐに動物病院へ!犬の子宮蓄膿症?について解説!
獣医師
相澤啓介 2020-10-09

疑ったらすぐに動物病院へ!犬の子宮蓄膿症?について解説!

犬の子宮蓄膿症は、子宮内に膿が貯留する疾患です。 避妊していないメス犬で発生し、命にも関わってくる緊急疾患です。 しかしその緊急性が浸透していないせいで、手遅れになってしまう犬も多くいます。 本記事では犬の子宮蓄膿症の症状、診断、治療から予防まで解説し、理解を深めて頂ければと思います。

続きを読む ≫
犬のぶどう膜皮膚症候群って?どんな病気か徹底解説します!
獣医師
畔柳沙絵 2020-09-11

犬のぶどう膜皮膚症候群って?どんな病気か徹底解説します!

犬のぶどう膜皮膚症候群という病気を聞いたことがありますか?病名にもある『ぶどう膜』とは、眼球の内側を包み込むように覆っている組織の名称です。つまり、この病気はその名の通り、犬の眼と皮膚の健康を大きく損なう疾患です。 この病気の怖いところは、比較的若い年齢から発症し、放っておくと失明してしまう恐れがあること。一緒に暮らしているわんちゃんの様子が何だかおかしいな…という違和感を感じた時には、もうかなり進行している場合もあります。 本記事では、そんな怖い犬のぶどう膜皮膚症候群の症状、原因、診断、治療...

続きを読む ≫
犬のワクチンの必要性、狂犬病の国内発症(人)を受けて
獣医師
若林薫 2020-09-07

犬のワクチンの必要性、狂犬病の国内発症(人)を受けて

 令和2年に国内で14年ぶりの人での狂犬病の発症がありました。犬の狂犬病ワクチン接種は法で定められた義務ですが、接種を行っていない飼い主さんもいます。今一度ワクチンについて勉強をしていきましょう

続きを読む ≫
できれば予防を!犬の精巣腫瘍について解説!
獣医師
相澤啓介 2020-09-03

できれば予防を!犬の精巣腫瘍について解説!

犬の精巣腫瘍は中高齢の雄犬で多く発生し、腫瘍の中でも2番目に発生率の高いものです。 悪性のものでは腫瘍随伴症候群である高エストロジェン血症によって、命の危険もある腫瘍ですが、若い時期の去勢手術によって予防が可能です。 精巣腫瘍の発生リスクを考え、去勢手術を考えている飼い主の方への助けになればと思います。

続きを読む ≫
ペット保険とは?愛するペットのもしものために。
獣医師
若林薫 2020-09-01

ペット保険とは?愛するペットのもしものために。

昔に比べてペットが長生きになり、病気のリスクが増えています。 高額になってしまうこともある医療費の負担を少しでも減らすために、ペット保険についてご紹介します。

続きを読む ≫
知っておこう、犬の妊娠と出産まで
獣医師
小島成承 2020-08-31

知っておこう、犬の妊娠と出産まで

大切な愛犬に子供を産ませたいと思う飼い主さんも多いと思います。 しかし何をしたらよいのか、何に注意すればよいのかわからないことばかり・・・。 そこで今回は妊娠から出産までの流れ、注意する点を説明していきたいと思います。

続きを読む ≫
猫もお耳に要注意!意外と多い耳のトラブル
獣医師
藤井ちひろ 2020-08-26

猫もお耳に要注意!意外と多い耳のトラブル

猫ちゃんには耳の病気はほとんどないんじゃないよね?と思われている飼い主さんいらっしゃいませんか? 確かに外耳炎や耳の炎症は、耳のたれたわんちゃんに起こりがちで、あまり猫ちゃんはひどい外耳炎になっているというものは見ないかもしれません。しかし猫の外耳炎は犬とは違った原因によるものが多く、またナイーブな猫ちゃんは耳の痛みや不快感でご飯を食べなくなってしまったり調子が悪くなることもあります。 ぜひ猫ちゃんの外耳炎のことを知って、予防に努めてあげてください。

続きを読む ≫
犬の若年性蜂窩織炎って?症状、治療について詳しく解説します!
ペット栄養管理士
畔柳沙絵 2020-08-25

犬の若年性蜂窩織炎って?症状、治療について詳しく解説します!

蜂窩織炎(ほうかしきえん)という皮膚の病気をご存じですか?蜂巣織炎(ほうそうしきえん)、蜂巣炎(ほうそうえん)、フレグモーネとも呼ばれ、人間の病気としても聞くことのある疾患です。ただ、ワンちゃんの場合は人間のそれとはちょっと様子が違います。放っておけば最悪命を落としてしまうこともあるこの病は、ワンちゃんを飼っている方には勿論、これから可愛い子犬を迎えようとしている方にも是非知っておいて頂きたい皮膚病です。本記事では、蜂窩織炎の症状や診断、治療についてお話したいと思います。

続きを読む ≫
仔犬の体調不良、食欲不振と嘔吐・下痢
獣医師
若林薫 2020-08-18

仔犬の体調不良、食欲不振と嘔吐・下痢

 子犬は体調を崩しやすい生き物です。子犬の体調不良でよくみられる症状の内、食欲不振と嘔吐、下痢についてわかりやすく説明しました。子犬を動物病院に連れていく際、獣医師に伝えると適切な治療が行えるポイントについても解説をしています。

続きを読む ≫
うちのこが認知症?猫の認知機能不全症候群について知りましょう
獣医師
藤井ちひろ 2020-08-07

うちのこが認知症?猫の認知機能不全症候群について知りましょう

かわいいうちのこ、しぐさも見た目もずっとかわらない・・・って思っていたけれど、気づけばだいぶ年を取ってきたなーということありませんか。 今までみたことないような様子もあっったので、動物病院で話したところ「それは認知症かもしれません」?!。 愛猫が認知症なんて・・・とびっくりされるかもしれませんが、そもそも猫の認知症ってどんなことになるのか急に不安になってきませんか。 今回は正しく認知症を知ることで、今後必ずやってくるシニアの時間を快適に過ごすための準備をしましょう。

続きを読む ≫
1234
ページ先頭