犬の病気・猫の病気・大切な家族と一緒に暮らすためのペットの情報サイト【公式 ウィズペティ倶楽部】 | 獣医師の記事

× 閉じる × 閉じる
HOME > 獣医師の記事

獣医師の記事

123
うちのこが認知症?猫の認知機能不全症候群について知りましょう
獣医師
藤井ちひろ 2020-08-07

うちのこが認知症?猫の認知機能不全症候群について知りましょう

かわいいうちのこ、しぐさも見た目もずっとかわらない・・・って思っていたけれど、気づけばだいぶ年を取ってきたなーということありませんか。 今までみたことないような様子もあっったので、動物病院で話したところ「それは認知症かもしれません」?!。 愛猫が認知症なんて・・・とびっくりされるかもしれませんが、そもそも猫の認知症ってどんなことになるのか急に不安になってきませんか。 今回は正しく認知症を知ることで、今後必ずやってくるシニアの時間を快適に過ごすための準備をしましょう。

続きを読む ≫
うちのこが認知症?犬の認知機能不全症候群について知りましょう
獣医師
藤井ちひろ 2020-08-06

うちのこが認知症?犬の認知機能不全症候群について知りましょう

かわいいうちのこ、いつまでも子犬みたいって思っていたけれど気づけばだいぶ年を取ってきたなーと思うこともありませんか。今までみたことないような様子もあっったので、お散歩仲間に話したところ「それって認知症じゃない?」!。 愛犬が認知症なんて・・・とびっくりされるかもしれませんが、そもそも犬の認知症ってどんなことになるのか急に不安になってきませんか。 今回は正しく認知症を知ることで、今後必ずやってくるシニアの時間を快適に過ごすための準備をしましょう。

続きを読む ≫
軟口蓋過長症って?愛犬・愛猫の“いびき”、大丈夫ですか?
獣医師
畔柳沙絵 2020-07-14

軟口蓋過長症って?愛犬・愛猫の“いびき”、大丈夫ですか?

いびきがうるさくて眠れない!といった騒音問題は、人ではよく聞くお悩みですね。最近は専門の医療機関で、本格的に治療される方もたくさんいらっしゃいます。 一方、わんちゃん、ねこちゃんのいびきというと、なんとも可愛らしい笑い話になることが多いのではないでしょうか?なんと、ペットのいびき動画集もあるほど! そんな微笑ましいいびきですが、実は、あまり侮らない方が良いことをご存じですか? 軟口蓋過長症によるいびきは、呼吸困難を起こし死亡することもある怖い病気です。 本記事では、軟口蓋過長症になってしまっ...

続きを読む ≫
子犬の後肢のゆるみ 先天性疾患とは?リスクとうまく付き合う方法
獣医師
若林薫 2020-07-02

子犬の後肢のゆるみ 先天性疾患とは?リスクとうまく付き合う方法

 先天性疾患という言葉をご存じでしょうか?生まれたときにすでに持っている病気のことを言います。子犬は先天性疾患のリスクを持って生まれてきますが、身体的特徴と同じ個性とも言えます。先天性疾患のリスクをできるだけ避けて、子犬を健康に育てるためにはどんなことに気を付ければいいのでしょうか?わんちゃんとの将来設計のために学んでいきましょう。

続きを読む ≫
猫の食事療法食(腎不全・尿石症)
獣医師
若林薫 2020-06-30

猫の食事療法食(腎不全・尿石症)

 食事療法食とは病気の治療と並行して処方されるスペシャルなごはんです。病気の治療をサポートする役割があります。ねこちゃんの腎不全・尿石症に対して処方される食事療法食についてわかりやすく説明しました。猫ちゃんの病気のリスクを少しでも減らしたい、長生きしてほしい、そんな飼い主さんにぜひご一読いただければと思います。

続きを読む ≫
愛犬の耳がぷっくり腫れている?!それはきっと「耳血腫」です
獣医師
藤井ちひろ 2020-06-29

愛犬の耳がぷっくり腫れている?!それはきっと「耳血腫」です

最近わんちゃんは耳をかゆがっていませんか? ちょっと様子を見ようと・・・油断していると、耳がぷっくり腫れていてまるでぬいぐるみみたい?!になっている、そんなことがあるかもしれません。あわてて触ってみるとなんだか熱いしワンちゃんもすごく嫌がってしまう。もちろん痛いからですよね。 この病気、「耳血腫」はそうなってから慌てて治療すると、想像以上に時間もお金もそしてわんちゃんの負担も大きいのです。 少し長いですが、ぜひこの耳血腫を知って、予防と早期発見に努めましょう。

続きを読む ≫
猫の巨大結腸症の診断と治療
獣医師
久保井 春希 2020-06-24

猫の巨大結腸症の診断と治療

猫の巨大結腸症の基礎的な診断手順から、外科手術における治療法などを紹介していきます。

続きを読む ≫
猫の尿石症に対する治療と予防法
獣医師
久保井 春希 2020-06-18

猫の尿石症に対する治療と予防法

猫の尿路疾患で多い尿石症、できる場所によって腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石など様々な呼ばれ方をします。以前は大半がストルバイト結晶でしたが、近年その他の結石も多く見られるようになってきた為お話ししていきます。

続きを読む ≫
改正動物愛護法とは?令和元年6月に改正されたその内容は?
獣医師
若林薫 2020-06-09

改正動物愛護法とは?令和元年6月に改正されたその内容は?

令和元年6月に動物愛護法が一部改正されました。 動物愛護法とはペットが不適な環境で飼育・販売されることを防ぐ法律ですが、どのような内容が改正されたのでしょうか?

続きを読む ≫
猫に多い肥大型心筋症って?症状、治療、予防について徹底解説‼
獣医師
相澤啓介 2020-06-01

猫に多い肥大型心筋症って?症状、治療、予防について徹底解説‼

肥大型心筋症は、猫で多いとされる心筋症の一つです。しかし、病名だけ見てもどのような疾患かイメージすることは難しいのではないでしょうか。本記事では、肥大型心筋症における症状、治療、予防法について解説していきます。

続きを読む ≫
猫の肥満細胞腫って何?気になる症状、治療、予後について解説‼
獣医師
相澤啓介 2020-05-14

猫の肥満細胞腫って何?気になる症状、治療、予後について解説‼

肥満細胞腫は悪性腫瘍の一種で、猫の皮膚や内臓に発生することがあります。しかし、肥満細胞腫と聞いてどんな疾患か想像するのは難しいのではないでしょうか。本記事では、猫に発生する肥満細胞腫における症状、診断法、治療や予後について解説していきます。

続きを読む ≫
卵巣遺残症候群について
獣医師
高木俊輔 2020-04-22

卵巣遺残症候群について

卵巣遺残症候群はとてもまれな病気ですが、体の中に機能的な卵巣が残っていて、そこから分泌される性ホルモンの影響で発情徴候が出てきたり、その影響で病気になるというものです。 避妊手術を行ったにも関わらず発情のような症状がみられた場合はこの病気が疑われるため、症状や外陰部からの分泌物の検査、ホルモン測定、画像検査などで診断を行います。 治療は外科手術が基本になりますが、ホルモン注射のような内科的治療を行うこともあります。

続きを読む ≫
愛猫の発作を起こしている!飼い主さんにとってほしい行動は3つ
獣医師
藤井ちひろ 2020-04-20

愛猫の発作を起こしている!飼い主さんにとってほしい行動は3つ

いつもは元気な愛猫、でも突然起こるのが病気です。めったにないこと、もちろん飼い主さんは動揺しますよね。その中でももっとも慌ててしまうのが「発作」ではないでしょうか? まるでいつもとはちがう猫ちゃんの様子、このまま死んでしまうんじゃ・・・と最悪のことまで頭をよぎるほどのショックかもしれません。 そんなとき、最低限の見極めのポイントととるべきことを知っておけば、スマホであわてて検索するよりももっと猫ちゃんのためになる行動がとれるはずですよ。

続きを読む ≫
犬と猫の緑内障に対する緊急処置
獣医師
久保井春希 2020-04-13

犬と猫の緑内障に対する緊急処置

犬と猫における急な目の違和感。飼い主さまによっては2、3日様子を見てから来院される方も実際には多いです。しかし、緑内障などの緊急疾患の場合早期改善を行わない場合 視覚機能が消失してしまう場合があります。今回は緑内障に対する緊急的な処置を紹介していきます。

続きを読む ≫
愛猫の呼吸が苦しそう・・・猫喘息について知りましょう
獣医師
藤井ちひろ 2020-04-07

愛猫の呼吸が苦しそう・・・猫喘息について知りましょう

花粉が飛ぶ時期になると、悪化しやすいのが喘息 ぜんそく。 もともとその原因や病態はわかっていないことがまだまだありますが、花粉やハウスダストマイトのような微粒子を吸い込んでしまうことが病気を悪化させることは知られています。 そんな春を憂鬱にしてしまう喘息ですが、じつは猫ちゃんにもあることをご存知ですか? しかも猫ちゃんの喘息は急に発症することが多く、緊急疾患として扱われる怖い病気なのです。 「うちのこ元気だから~」とばかり思わず、ぜひ愛猫ちゃんのために正しい知識を身につけてくださいね。

続きを読む ≫
猫の肝リピドーシスについて
獣医師
高木俊輔 2020-04-01

猫の肝リピドーシスについて

太っていた猫が急に食べなくなってしまうと、肝リピドーシスのリスクが高くなります。白眼や歯茎などが黄色くなる「黄疸」が出たり、痩せてしまうことで病院に連れてこられることが多いです。病状が進んでけいれんを起こしたり意識がなくなった状態で来院されることもあります。血液検査や画像検査、針生検で診断をして、入院により点滴や栄養補給の集中治療を行います。回復する猫も多いですが、治療開始後に亡くなってしまうこともある病気です。 肝リピドーシスになるような何らかの基礎疾患を持っている猫が多いため、肝リピド...

続きを読む ≫
猫の甲状腺機能亢進症について
獣医師
高橋 渉 2020-03-27

猫の甲状腺機能亢進症について

・甲状腺機能亢進症とは ・猫の甲状腺機能亢進症の原因となりやすい猫の特徴 ・猫の甲状腺機能亢進症の症状 ・猫の甲状腺機能亢進症の診断 ・猫の甲状腺機能亢進症の治療

続きを読む ≫
愛猫の健康はあなたが守る!獣医がやってる簡単毎日の健康チェック
獣医師
藤井ちひろ 2020-03-09

愛猫の健康はあなたが守る!獣医がやってる簡単毎日の健康チェック

愛猫と幸せに暮らしている飼い主さんたち、いつまでもこの時間が続いてほしいと願わずにはいられませんね。目指すは20歳!を全力サポートしてあげたいところですが、猫ちゃんはわんちゃんと比べると飼い主さん自身が異変気付くことが重要です。 そんな飼い主さんのため、獣医師が毎日行なっている猫のためのかんたん健康チェックをご紹介します。 自分で病院にいくことができない猫たち、飼い主さんだけが気付く変化がきっとあるはずですよ。

続きを読む ≫
糞便検査の重要性
獣医師
高木俊輔 2020-03-05

糞便検査の重要性

犬を飼って動物病院に通った経験のある方なら、一度は犬の糞便検査をやってもらったことがあると思います。下痢をした時には身体検査と並んで必ず行う検査であり、ほとんどの動物病院で健康診断の検査項目にも組み込んでいるからです。とても身近な検査である糞便検査について、検査を行う目的、検査で分かることと分からないこと、検査の方法、注意点について解説します。

続きを読む ≫
マダニと重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
獣医師
高木俊輔 2020-03-03

マダニと重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

数年前からマダニ予防の重要性が注目されています。もともとマダニがさまざまな感染症を媒介することは知られていました。その一つがSFTSウイルスが原因となる重症熱性血小板減少症候群(SFTS)という病気です。しかし、SFTSウイルスに感染して発症する動物は人間だけだと考えられていたのです。それが2017年に犬と猫での発症が発見されたことで一気に注目度が高まりました。人間がマダニに咬まれなくても、ペットの犬や猫からこの病気が感染する可能性がある以上、しっかり予防をすることがペットだけでなく我々人間の安全にもつながる...

続きを読む ≫
猫のコロナウイルス感染症って?猫伝染性腹膜炎について知りたい!
獣医師
藤井ちひろ 2020-02-28

猫のコロナウイルス感染症って?猫伝染性腹膜炎について知りたい!

2020年冬世界的に人の感染症として話題になっているのが「新型コロナウイルス(COVID-19)性肺炎」です。中国を中心に死亡者も多く出ているため、危険性が指摘されていますが、実はコロナウイルスよる猫ちゃんの病気もあることはご存知でしょうか。 猫ちゃんは肺炎ではなく腹膜炎に罹患することが多く、致死率がかなり高いため特に保護猫出身猫ちゃんのの飼い主さんには必須の情報です。正しい知識を身につけて、愛猫の健やかな毎日をサポートしましょう。

続きを読む ≫
動物病院に行く時に知っておいてほしいことー犬編
獣医師
高木俊輔 2020-02-26

動物病院に行く時に知っておいてほしいことー犬編

動物病院に限ったことではないかもしれませんが、色々聞こうと思っていたのに、相手を目の前にすると頭が真っ白になってしまったり、聞きたかったことの内容を忘れてしまったという経験はありませんか?特に動物病院は、継続して病気の治療のために通院していない場合は頻繁に通う場所ではないため、一回聞き忘れてしまうとそのままになってしまうこともあるようです。それだけではなく、この準備をしておけばもっと診察がスムーズに進んでいたのに…ということもあるかもしれません。そこで今回は、ペットオーナーの方々に動物病院に行...

続きを読む ≫
猫の慢性腎不全について
獣医師
高橋 渉 2020-02-10

猫の慢性腎不全について

・慢性腎不全とは ・猫の慢性腎不全の原因と起こりやすい猫の特徴 ・猫の慢性腎不全の症状 ・猫の慢性腎不全の診断 ・猫の慢性腎不全の治療

続きを読む ≫
猫の変形性関節症について
獣医師
高橋 渉 2020-02-06

猫の変形性関節症について

・猫の変形性関節症とは ・猫の変形性関節症の症状 ・猫の変形性関節症の診断 ・猫の変形性関節症の治療

続きを読む ≫
獣医師監修:愛犬の眼が開かない?犬の緑内障について知りたい!
獣医師
藤井 ちひろ 2020-02-03

獣医師監修:愛犬の眼が開かない?犬の緑内障について知りたい!

ある朝気づくと、愛犬の眼が片方閉じっぱなしになってしまい、まるでウインクしているような顔になっています。閉じた目には目ヤニもついて、なんだか気にしているようです。 眼を開けさせてようとしても、嫌がってしまいよくわかりません。 このまま様子をみていいのでしょうか、それとも病院に連れて行った方がいいのでしょうか?

続きを読む ≫
猫の気管狭窄
獣医師
高木俊輔 2020-01-29

猫の気管狭窄

猫の気管狭窄は、呼吸する時に空気が通る気管が何らかの原因によって狭窄してしまう病気です。狭窄した部分を切除して、気管をつなげ合わせる手術をしてあげることが理想ですが、症状があっという間に進行してしまうために手術ができなかったり、狭窄範囲が広すぎる場合も手術ができません。そのため、治療が難しい病気だと考えられてきました。しかし、最近では気道インターベンションと呼ばれる治療を導入する動物病院もあり、完治には至らなくても一時的な状態の改善が期待できるようになりました。

続きを読む ≫
犬の椎間板ヘルニアにおける外科的処置
獣医師
久保井春希 2020-01-27

犬の椎間板ヘルニアにおける外科的処置

椎間板ヘルニアは人では聞いたことの多い疾患だと思いますが、犬でも多く発生します。 急な症状の発症から起立不能に至るまで進行が早くしっかりとした診断と治療を有します。 今回はグレード5で外科的処置を必要とする椎間板ヘルニアについてお話ししていきます。

続きを読む ≫
愛猫の眼が開かなくて元気がない?猫の緑内障について知りたい!
獣医師
藤井 ちひろ 2020-01-20

愛猫の眼が開かなくて元気がない?猫の緑内障について知りたい!

最近はお家の中で安全に飼われている猫ちゃんが多く、外でケンカして帰ってきた!なんていうこともほとんどなくなりました。 しかしふと気づくと、愛猫の眼が片方開かなくなっているようで、まるでウインクしているような顔になっています。ごはんも残すしなんだか元気もないようです。眼を開けさせようとしても、触られるのを嫌がってしまいよくわかりません。 このまま様子をみていいのでしょうか、それとも病院に連れて行った方がいいのでしょうか?

続きを読む ≫
猫の心筋症って?最も多いと言われている肥大型心筋症について解説‼
獣医師
相澤啓介 2020-01-15

猫の心筋症って?最も多いと言われている肥大型心筋症について解説‼

肥大型心筋症は、猫で多いとされる心筋症の一つです。しかし、病名だけ見てもどのような疾患かイメージすることは難しいのではないでしょうか。本記事では、肥大型心筋症における症状、治療、予防法について解説していきます。

続きを読む ≫
寒い時期に要注意!ねこちゃんの尿石症
獣医師
増山綾乃 2020-01-10

寒い時期に要注意!ねこちゃんの尿石症

尿石症という言葉を聞いたことがありますか?人では特に男性で発症しやすい傾向にありますが、身近な方で結石が詰まってしまい非常に痛い思いをしたという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。実は、犬や猫でも人と同じように尿内に結石ができてしまうことがあります。今回は特に猫の尿石症について詳しく解説していきます。

続きを読む ≫
123
ページ先頭