犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「ペットシッターに依頼する時の注意点。中型犬・大型犬版」

× 閉じる × 閉じる
HOME > ペットシッターに依頼する時の注意点。中型犬・大型犬版

ペットシッターに依頼する時の注意点。中型犬・大型犬版

ペットシッター
若山聖奈
[記事公開日] 2020-02-27 [最終更新日] 2020-02-27
ペットシッターに依頼する時、中型犬や大型犬は何を注意したらいいかわからないですよね?実際にネットで調べても小型犬のほうが情報が多く不安になるはず。今回は中型犬・大型犬専用のペットシッターにイラスる際の注意点をまとめました。
ペットシッターに依頼する時の注意点。中型犬・大型犬版
中型犬や大型犬をペットホテルに預けるのはとても大変ですよね。
ご飯もそれなりの量を持ち込んだり、ペットホテルに連れていく際も大きなケージを用意しなくてはなりません。
小型犬ならペットホテルも泊まりやすくなっていますが、愛犬が中型犬や大型犬の場合は預けるのになんだか申し訳なくなってしまう部分もあるかと思います。
そんなときにペットシッターを依頼すると思いますが、実際中型犬や大型犬はどういったシッティングをしてくれるのか何を伝えておいたらいいのかわからないですよね?
今回はそんな悩みを少しでも解決できるようにまとめましたので依頼する時の参考にしてみてください。

中型犬・大型犬を預ける際の料金相場

まずペットホテルの例から見ていきましょう。
中型犬や大型犬をペットホテルに預ける場合の相場は、
中型犬:4000円~5500円(1匹)
大型犬:5000円~7000円(1匹)
追加は別途で頭数分の金額が加算
とかなり高額で引き取りの時間も決まっていて旅行の時間を考えなきゃいけない!なんてことがあります。
さらに、散歩や中型犬大型犬に必要な遊びの時間などはペットホテルの預かりでは含まれていない場合のほうが多いです。

それに比べペットシッターの場合は
中型犬:3500円~4000円(1匹追加+3000円)
大型犬:4000円~5000円(1匹使い+3000円)
+出張料、延長料が加算(出張料多くても2000円ほど)
お迎えの時間などがないので帰り時間が遅くなっても安心
と良心的な値段でシッティングが可能です。
もちろんシッターごとに金額提示が違いますのでお近くのペットシッターに詳細料金は聞いたほうが確実です。

室外で散歩などのシッティング(お世話)をしてもらう時の注意点

中型犬や大型犬は最近では室内で飼育されることも増えてきましたが、遊びの時間なども入れると運動や遊びなどは基本室外という方のほうが多いのではないでしょうか?
シッターに相談してもらえれば室外での時間も長くとることが可能なので合わせて相談してみることをおススメします。


①散歩の時間

適度な運動量が必要な中型犬や大型犬にとって散歩は毎日欠かせない重要なものとなっています。
そのためシッティングに入る際は散歩の時間がどれだけ必要なのかを伝えておくといいでしょう。
シッターも中型犬や大型犬に関しては散歩を長くするという概念はしっかりとありますが、愛犬にとって一番いい時間で散歩してあげることがベストです。
なので散歩時間がいつもどのくらいなのかをしっかり把握し同じコースでもここまでに何分など細かく伝えておきましょう。


②遊びの場所

散歩の次に必要なのが遊びでの運動です。
散歩だけでは中型犬・大型犬に必要な筋力が補えません。
なのでできるだけそのあとに遊ぶということをシッターは行っています。
もし普段室内で遊んであげている場合はそちらを伝えていただいて
普段外でもあまり運動しない場合はその旨を伝えていただくとシッターがシッティングの時間を考慮して運動させることもできます。
シッティング時間を気にして普段行っていることを行わないとかえってストレスになってしまうこともあります。
シッティングは延長も可能ですので打ち合わせの時などに時間が足りなそうであればシッターと相談し延長することも視野に入れておいてもいいでしょう。


③普段のウンチの回数やおしっこの回数

中型犬や大型犬は散歩時に排泄を全て済ませてしまう子が多いです。
そのためシッティングの限られた時間の中で排泄が終わるように事前に普段の散歩でどのくらいの排泄をするのかお聞きしています。
きっと普段の散歩で「排泄回数なんて数えないよ。」という飼い主さんが多いはずです。
しかし外で生活をしたりする中型犬や大型犬にとって散歩での排泄はとても重要なのでシッターとの打ち合わせまでに平均してどのくらい排泄をしているかなど把握しておくとシッターが散歩時に確認しやすくなります。

ペットシッターに依頼する時の注意点。中型犬・大型犬版

室内でシッティングしてもらう場合の注意点

前項で「室内で飼われる中型犬や大型犬が増えてきている」とお話ししましたが、最近ではシッティングの際もそのような事例が多く打ち合わせの際に家の中ではどのようなことをしてほしいかお聞きしています。
その際によく相談を受ける内容を紹介しますので打ち合わせの参考にしてみてください。


①爪切りやシャンプー

飼い主ができない爪切りやシャンプーをこの際してもらえますか?
と質問を受けたりします。
これはシッターごとに行える場合と行うことができない場合もありますので一度相談してください。
爪切りやシャンプーはもちろんシッティング時間内であればシッティング料金の中で行っているシッターがほとんどです。(シャンプーなどが自宅にない場合は実費負担などがかかります。)
爪切りは中型犬や大型犬になってくると保定(固定)したりするのが大変なのでもしお願いできるようだったらぜひ行ってもらってください。


②自動給水機の設定

シッティングは1日2回ほど依頼することが可能です。
しかし1日1回でもいいという場合や2回も散歩はいらないから自動給餌機や自動給水機の設定だけしてほしいのですができますか?
といった依頼も受けることがあります。
その場合ももちろん対応は可能です。
しかし最近本当にたくさんの給餌機や給水機が出回っているためシッターも情報が追い付いていないことがあります。
なので給餌機や給水機を利用してほしい場合などは打ち合わせの際に利用方法などを教えていただけると助かります。

ペットシッターに依頼する時の注意点。中型犬・大型犬版

まとめ

いかがでしたか?
中型犬や大型犬をシッターに依頼する時はその子に合わせたシッティングを最大限実現するため、『時間』『排泄回数』『室内での世話』など事細かくまとめておくのがいいです。
お客様が旅行や出張に行っている間の愛犬の生活も愛犬がストレスを感じることのない様に私たちがシッティングしますのでぜひ伝えたいことはまとめておいてくださいね。

ジュイクル事前登録サイト
ページ先頭