犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「ドライフードの保存、大丈夫?酸化防止で犬も猫も健康に」

× 閉じる × 閉じる
HOME > ドライフードの保存、大丈夫?酸化防止で犬も猫も健康に

ドライフードの保存、大丈夫?酸化防止で犬も猫も健康に

ペット栄養管理士
伊藤 悦子
[記事公開日] 2019-10-17 [最終更新日] 2019-10-17
ドライドッグフードもドライキャットフードも、長く保存できるのがメリットです。しかし保存方法を間違えると、酸化や味の劣化が進み、愛犬や愛猫の体調不良につながってしまいます。今回はドライフードの適切な保存方法や購入のポイントをお伝えします。
[ 目次 ]
ドライフードの保存、大丈夫?酸化防止で犬も猫も健康に
ドライドッグフードやドライキャットフード、正しく保存していますか?どちらのドライフードも脂分が多いのが特徴です。きちんと保存しないとフードの酸化が進み、品質が劣化してしまいます。

気づかずにそのまま愛犬や愛猫に与えると、下痢や嘔吐などを引き起こし体調を崩すことも。正しく保存して、いつもフレッシュでおいしいフードを食べさせてあげましょう。

ドライフードの保存、大丈夫?

ドライドッグフード、ドライキャットフードはどのように保存していますか?日光が当たるところや、湿気の多いところに置いていませんか?

ドライフードは水分が10%またはそれ以下なので、長期保存が可能です。そのため買いだめをしたり、お徳用の大きな袋で購入したりする飼い主さんもいらっしゃると思います。

しかしドライドッグフードやドライキャットフードは、お肉や魚がふんだんに入っていることや、オイルを吹きかけていることもあるため脂が多く、高温や空気に触れることで酸化しやすいことも特徴です。特に酸化防止剤を使用していないオーガニックのドライフードは注意が必要です。

もちろん愛犬・愛猫の食べ残しは保存せずに、廃棄してください。ペットの唾液などが付いているため、品質が劣化しています。酸化したドライフードを食べると、吐いたり下痢をしたりすることもあります。開封して時間が経ってくると、匂いや味が気になって食べない犬や猫もいるかもしれません。

ドライフードを食べるたび、または封を開けてから日が経つにつれだんだんお腹の具合が悪くなった、または今まで食べていたドライフードを急に食べなくなったら、体調不良はもちろんドライフードの酸化も疑ってみましょう。

ドライフードの保存、大丈夫?酸化防止で犬も猫も健康に

ドライフードの保存方法をチェック

まず保存場所をチェックします。日の当たらない場所、高温にならない涼しい場所に保存しましょう。安売りの時に大量に買って、空調のない屋根裏部屋や外のガレージにストックしていませんか?高温になる場所に置くと封を開けていなくても酸化が早まって、品質が劣化してしまいます。

冷蔵庫に入れれば安心のように思えます。しかし冷蔵庫に入れてしまうと、出し入れする時の温度変化では袋内に水滴が発生します。水分はドライフードのカビの原因になる恐れがあるため、冷蔵保存は避けましょう。

大袋で買った場合、そのまま袋を軽くクリップで止めている程度ではドライフードが空気に触れて酸化が早まり、さらに虫害の恐れもあります。密閉容器にできれば袋ごと保存して、賞味期限以内に食べさせましょう。

開封していなくても、賞味期限が過ぎたものは与えないようにします。ジッパーが付いているドライフードは、空気を抜いてからきっちり封をしてください。

食品用のジッパー付き袋や密閉容器に小分けして冷暗所に保存する方法もあります。しかし脂が袋に染み出したり、匂いが移ったりしてしまうこともあるため、過信せず早めに食べきることが大切です。小分けにして保存する方法は、推奨していないメーカーもあります。

保存方法のポイントは次の通りです。
・涼しく、日光の当たらない場所に保存
・冷蔵庫は利用しない
・しっかり密封
・早めに食べきる

ドライフードの保存、大丈夫?酸化防止で犬も猫も健康に

災害用避難袋にストックする時は「ローリングストック」

万が一の災害に備え、ドライフードをストックしている飼い主さんも多いと思います。ペットフードは災害時になかなか配給されないことも考えられるため、ストックは必要です。

しかしいざという時にお腹を壊しては困ります。おすすめはローリングストック方式。一定の量をいつもストックします。日付の順に使い、使いきったら次のドライフードを買い足していく方法です。

そのためいつも新しいドライフードが避難袋に入っていることになります。療法食についても、同じようにストックしておくと安心ですね。

ドライフードの保存、大丈夫?酸化防止で犬も猫も健康に

購入するときのポイント

店先で天日にさらされて売られているドライフードは、たとえどんなに安くても購入しないようにしましょう。いつもフレッシュなドライフードを売っている、管理のしっかりしたお店で購入するようにします。

最初から小分けになっているタイプ、しっかりしたジッパーがパッケージについているタイプのドライフードを選ぶと保存が楽になります。遮光性のあるパッケージを使っているドライフードもおすすめです。

保存料や酸化防止剤が入っていない海外のオーガニックドライフードを、愛犬・愛猫のために購入している飼い主さんもいらっしゃると思います。しかし海外のドライフードは船便で高温下にさらされるなど、輸入方法によっては酸化の心配があることも。

せっかくいいフードを買ったのに劣化しては困りますよね。海外のドライフードについても信頼できる会社で購入しましょう。

ドライフードの保存、大丈夫?酸化防止で犬も猫も健康に

フレッシュなペットフードで犬も猫もおいしく健康に

愛犬・愛猫の健康管理に、フレッシュなドライフードを与えることは大変重要です。栄養バランスの取れたドライフードは保存がきくため、大変便利です。しかし正しく保存しないと、酸化が進み品質も味も劣化してしまいます。

愛犬・愛猫に酸化したものを食べさせると、嘔吐や下痢、食欲不振になるなど体調不良を招く恐れがあります。保存方法に注意して、いつもフレッシュなドライフードを与えましょう。

ページ先頭