犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「犬のブラッシング〜スリッカーの選び方〜」

× 閉じる × 閉じる
HOME > 犬のブラッシング〜スリッカーの選び方〜

犬のブラッシング〜スリッカーの選び方〜

トリマー
小田由妃
[記事公開日] 2020-04-15 [最終更新日] 2020-04-15
わんちゃんのブラッシングに必須のスリッカーの選び方についてご紹介します。
犬のブラッシング〜スリッカーの選び方〜
わんちゃんのブラッシングに必須なものはなんでしょうか?
よく使われているスリッカーにも、
たくさんの種類があり、わんちゃんの状態によってスリッカーを選びましょう!

そして、今使っているスリッカーがわんちゃんに合うかを見てみましょう!

スリッカーの大きさは??

わんちゃんの体格に合った大きさにしましょう。
大きすぎると、ブラッシングしなくていい場所まで余分にブラッシングしてしまい、お肌への負担に繋がります。
また、小さすぎると時間がかかってしまうのでわんちゃんのへの負担になります。

大きさを選ぶ時は
体格はもちろん、その子のイヤがり具合を考慮して選びましょう。
はじめは小さいブラシから始めて、少しずつ大きいものを使うのも良いと思います。

犬のブラッシング〜スリッカーの選び方〜

腕を使って硬さを測ろう!

自分の腕にスリッカーを軽くあててみましょう。
スリッカーによっては、結構硬くて痛いものが実は多いんです。
大事なわんちゃんに使うと考えて、柔らかいものを選びましょう。

また、はじめてのブラッシングや、お肌が弱い子には、
スリッカーのピンの先に丸いプラスチックなどで保護されているスリッカーが良いでしょう。
※ただ、この先玉付きのスリッカーは毛玉を取るのには難しいです。
毛玉ができる前の日々のブラッシングにおすすめです。

犬のブラッシング〜スリッカーの選び方〜

スリッカーを使う犬種は??

スリッカーを使ってブラッシングするのが必要な犬種と、そうでない犬種がいます。

基本的に
・カットをするような犬種(トイプードル、マルチーズなど)
・毛が長い、抜け毛が多い犬種(ダックス、ポメラニアンなど)
はスリッカーを使うブラッシングをおすすめします。

毛が短い犬種(スムースチワワ、スムースダックス、フレンチブルドッグ、など)は、
スリッカーを使うとお肌に刺激が多すぎるので、ラバーブラシなど違うブラッシング用品を使うことをおすすめします。

犬のブラッシング〜スリッカーの選び方〜

〜まとめ〜

スリッカーを使ってブラッシングするのが必要な犬種と、そうでない犬種がいます。
しっかりと道具を選んで、わんちゃんの負担が少ないブラッシングをしてあげましょう!

犬のブラッシング〜スリッカーの選び方〜
ジュイクル事前登録サイト
ページ先頭