ワンちゃんネコちゃんの知りたいを解決するペット資格者情報サイト ウィズペティ倶楽部 「犬の気管支炎、症状や原因は?診断や治療、予防方法、注意する事は?」

× 閉じる × 閉じる
HOME > 犬の気管支炎、症状や原因は?診断や治療、予防方法、注意する事は?

犬の気管支炎、症状や原因は?診断や治療、予防方法、注意する事は?

動物看護士
二木
[記事公開日] 2018-03-25 [最終更新日] 2019-10-10
気管支炎とは、下部呼吸器に分類される気管支ならびに肺のうち、気管支に異常が認められる代表的な病気のひとつです。発症し始めてからの期間あるいはその原因によって分類されますが、その基本は気管支内膜の炎症で主な症状は咳です。
この記事では、犬の気管支炎の症状や原因、診断方法、治療法、予防法、かかりやすい犬種についてまとめました。
    犬の気管支炎、症状や原因は?診断や治療、予防方法、注意する事は?

    気管支炎とは?詳しく解説


    肺への空気の通り道である気管支・細気管支(さいきかんし)の炎症で、発症し始めてからの期間によって、急性気管支炎および慢性気管支炎に分けられます。また原因により感染性,寄生虫性,アレルギー性気管支炎に分けられます。しかしながら、空気の通り道という性質上、肺炎など肺実質の疾患,腫瘍,気管支拡張症,異物や心不全などの循環障害に伴って発症する場合も多いです。

    症状は?


    もっとも特徴的な症状は咳です。咳は大きくわけて、乾いた咳と湿った咳の2つに分けられます。初めは『ケッ、ケッ』と乾いた咳で、興奮した時や運動した時のみ観察されることもありますが、症状が進むにつれて気管支内の分泌物が増加し、『ゼー、ゼー』と湿った咳に変化します。
    また、気道が過敏な状態になるため、のどや首(頸部:けいぶ)の内側のあたりを触って刺激すると咳をしたり、咳のあとに吐き気のような症状を示すこともあります。この吐き気を嘔吐と考え、嘔吐を主訴として受診する場合も多いようです。一般に、合併症を伴わない気管支炎では全身性の症状を現すことはまれです。このほか、発症し始めてからの期間や病気の状態に伴って運動を嫌ったり,元気消失,食欲不振,体重減少,下痢,呼吸速迫(こきゅうそくはく),呼吸困難,チアノーゼなどが認められ、その症状や程度はさまざまです。

    原因は?


    ・細菌,真菌(しんきん),ウイルス,寄生虫などの感染
    ・ほこり,植物の種子や花粉,刺激性ガスなどの吸引

    上記の原因などにより発症します。
    また抵抗力の弱い幼齢犬や老齢犬に発症する例が多いです。

    診断方法は?


    ・X線検査
    ・血液検査
    ・気管洗浄検査(※)
    ・気管内視鏡検査(※)

    など、さまざまな検査が必要となる場合が多く、それらの検査結果をもとに診断されます。また(※)の気管洗浄検査,気管内視鏡検査については麻酔が必要な為、リスクを伴う注意が必要です。

    治療はどのように行う?


    ・抗生物質
    ・抗ウイルス薬
    ・鎮咳剤(咳止め)
    ・消炎剤(炎症をおさえる薬)

    また病院によってはネブライザーの治療も行っています。
    ※ ネブライザーとは?
    薬剤を空気・酸素・超音波などで霧粒子状にし、口や鼻から吸収させる方法です。

    予防はできる?


    ・十分な睡眠をとる
    ・適度な温度,湿度を維持した環境で過ごす
    ・部屋の空気をよくする(換気を十分に心がける)
    ・喫煙,においの強い香水などの使用を避ける
    ・のどや首を締め付けないお洋服を選ぶ
    ・散歩時、首輪ではなくハーネスを使用する
    ・栄養をつける
    ・原因となる物質を排除する(アレルギーが原因の場合)
    ・ワクチン接種をする(ウイルス予防のため)

    上記のように、生活環境を改善する事で予防にも繋がります。
    ページ先頭