犬の病気・猫の病気・大切な家族と一緒に暮らすためのペットの情報サイト【公式 ウィズペティ倶楽部】 | ペットのトラブルの記事

× 閉じる × 閉じる
HOME > トラブル

トラブル

123456
飼い犬が異物を飲み込んだ⁉動物病院での治療法や防ぎ方とは?
動物看護士
宮井 智美 2021-03-31

飼い犬が異物を飲み込んだ⁉動物病院での治療法や防ぎ方とは?

犬は番犬、というのはひと昔前のこと。 近年では室内で飼育される犬の割合のほうが高くなってきました。 犬はとても好奇心旺盛な生き物のため、人間と一緒の空間にいることにより本来口にしてはいけないものを飲み込んでしまうという事故をたびたび目にします。 では万が一、犬が異物を飲み込んでしまったときには、どのような治療法がとられるのでしょうか? 今回は動物病院で行われる一般的な治療法をご紹介します。

続きを読む ≫
犬の乳腺腫瘍って何?正しい知識で対応しましょう!
獣医師
相澤啓介 2021-03-29

犬の乳腺腫瘍って何?正しい知識で対応しましょう!

犬の乳腺腫瘍は、全腫瘍疾患の中で最も発生率が高い腫瘍です。 腫瘍という病気の性質上、他の臓器に転移することもあり、時には命に関わることもあります。 しかし一方で、きちんと処置をしておけば予防が可能な腫瘍疾患でもあります。 本記事では犬の乳腺腫瘍について解説していきます。

続きを読む ≫
犬の蛋白漏出性腸症って何?厄介な消化器疾患を解説!
獣医師
相澤啓介 2021-03-23

犬の蛋白漏出性腸症って何?厄介な消化器疾患を解説!

犬の蛋白漏出性腸症は、下痢と腹水を主徴とする消化器疾患です。 持続的な低蛋白血症は時に命に関わることもあり、早期の発見と治療が求められる疾患でもあります。 また犬にとっても、慢性的な下痢や腹水などによって非常に苦しい思いをすることになります。 蛋白漏出性腸症という病気への理解を深めるためにも、ぜひ最後まで読んで頂ければと思います。

続きを読む ≫
犬に増えるマスクのトラブルとは?
動物看護士
原京子 2021-03-16

犬に増えるマスクのトラブルとは?

現在、犬がマスクを誤食してしまう事故が多く報告されています。 なぜ犬はマスクを誤食してしまうのでしょうか。 また、犬用マスクにメリットがあるのかも気になるところです。 この記事では、犬がマスクを誤食してしまう原因や対処法、犬用マスクの必要性について詳しくまとめました。

続きを読む ≫
猫が咳をしているときに考えられる病気と予防法について
動物看護士
宮井 智美 2021-03-10

猫が咳をしているときに考えられる病気と予防法について

猫を飼ったことがある皆さん、猫の咳って実際に見たことはありますか? 猫のくしゃみは良く知っているという方は多いのですが、 咳を見たことがある方は少ないかもしれません。 しかし猫の病気の中には咳を主症状とするものもたくさんあるため、 咳とはどのようなものか、理解しておくことが大切です。 今回はそんな猫の咳について、病気とともにご説明していこうと思います。

続きを読む ≫
愛犬の噛み癖は成犬でも直るの?しつけの工夫
愛玩動物飼養管理士
國澤莉沙 2021-03-09

愛犬の噛み癖は成犬でも直るの?しつけの工夫

成犬の噛み癖にお悩みの方向けに噛み癖の対処法を紹介します。

続きを読む ≫
犬の生活習慣病
獣医師
若林薫 2021-03-03

犬の生活習慣病

 犬の生活環境の変化に伴い、生活習慣病が増加していると言われています。生活習慣病は食生活の管理によって予防できる場合があります。愛犬の健康のために生活習慣病とその予防について勉強していきましょう。

続きを読む ≫
愛猫に引っかかれた!手当ての方法とふれあい時のポイント
愛玩動物飼養管理士
國澤莉沙 2021-03-01

愛猫に引っかかれた!手当ての方法とふれあい時のポイント

愛猫に引っかかれた経験はありませんか? 本記事では、愛猫に引っかかれた際の手当てについて紹介します。

続きを読む ≫
猫がトイレではない場所で排泄をするトイレトラブルの原因と対策法!
愛玩動物飼養管理士
根本ももこ 2021-02-25

猫がトイレではない場所で排泄をするトイレトラブルの原因と対策法!

愛猫がトイレ以外の場所で排泄をしてしまったり、トイレから出たときに突然テンションがハイになって走り回ったりすることはありませんか? 猫がトイレで排泄できないときには、いくつかの原因が考えられるので、猫がトイレで排泄できない理由を探して対策をしていきましょう。

続きを読む ≫
賃貸で猫を飼いたい!おすすめ猫種7選!
愛玩動物飼養管理士
國澤莉沙 2021-02-16

賃貸で猫を飼いたい!おすすめ猫種7選!

猫と暮らしたいと考えている人は、どんな品種が良いのか悩んでいるかと思います。 また、一人暮らしや賃貸などの限られたスペースで猫を飼育する場合には、飼育スペースなどに工夫が必要になりますよね。 本記事では、賃貸でも飼育しやすい猫の品種を7つ紹介します。 お迎えする前に参考にしていただければ、幸いです。

続きを読む ≫
犬の炎症性腸疾患って何?「慢性嘔吐や下痢を引き起こす」
獣医師
相澤啓介 2021-02-15

犬の炎症性腸疾患って何?「慢性嘔吐や下痢を引き起こす」

犬の炎症性腸疾患は、原因不明の嘔吐や下痢を引き起こします。 確定診断には全身麻酔を用いた検査が必要となり、臨床現場でも遭遇すると厄介な疾患です。 早期発見と早期治療のためにも、犬の炎症性腸疾患に対する知識を深めて頂ければと思います。

続きを読む ≫
実は猫の尻尾にも感情表現が隠されている?尻尾で見分ける喜怒哀楽
愛玩動物飼養管理士
國澤莉沙 2021-02-12

実は猫の尻尾にも感情表現が隠されている?尻尾で見分ける喜怒哀楽

犬は嬉しい時には尻尾をブンブン降って喜び、怖がっている時には、股下に挟んだりと感情を尻尾の動きにより知ることができます。 犬の尻尾が、感情のバロメーターであるのは有名ですが、実は猫も尻尾の動きにより感情を読み取ることができます。 本記事では、猫の尻尾に隠された感情について紹介していきます。 愛猫とのコミュニケーションの役に立てば幸いです。

続きを読む ≫
愛犬の「拾い食い」は危険!叱らないでしつけで改善しよう
ペット栄養管理士
伊藤 悦子 2021-02-10

愛犬の「拾い食い」は危険!叱らないでしつけで改善しよう

愛犬の拾い食いに困っていませんか?拾い食いは焼き鳥の串など危険なものを食べてしまうなど、誤飲誤食の原因になりやすく大変危険です。叱っても効果はありません。「ロングリードを使わない」など散歩や普段の生活の見直しや、ゲームを取り入れたしつけで改善する方法について解説します。

続きを読む ≫
ペットとより快適な暮らしを!ペット共生物件とは
動物看護士
原京子 2021-02-05

ペットとより快適な暮らしを!ペット共生物件とは

現在ペットを飼う方が増えている中で、注目されているのがペット共生物件です。 ペット共生物件とは、一体どのような特徴があるのでしょう。 この記事では、ペット共生物件の設備やメリットデメリットなどを詳しくまとめました。

続きを読む ≫
鼻ぺちゃ猫ちゃんの鼻水のケアのポイント は?
愛玩動物飼養管理士
國澤莉沙 2021-02-02

鼻ぺちゃ猫ちゃんの鼻水のケアのポイント は?

猫ちゃんの健康を守ることは飼い主さんの大切な役割ですが、エキゾチックショートヘアーなどの鼻ぺちゃの猫ちゃんを飼っている方は、毎日の鼻水ケアが大変と感じている方もいるはず。 何度も鼻水を拭うと顔まわりが荒れてしまったり、鼻炎などを起こしてしまう原因にもなります。 鼻ぺちゃ猫ちゃんの鼻水ケアのポイントを紹介していきます。 愛猫の健康を守るための参考になれば、幸いです。

続きを読む ≫
猫の炎症性腸疾患の理解を深める!症状、診断、治療法を解説!
獣医師
相澤啓介 2021-01-29

猫の炎症性腸疾患の理解を深める!症状、診断、治療法を解説!

猫の炎症性腸疾患は、慢性の嘔吐や下痢を示す疾患です。 慢性消化器症状を呈する疾患には、他にも慢性膵炎や胆管肝炎などがありますが、それらと比較しても炎症性腸疾患の診断は難しいとされています。 本記事では愛猫に異常を感じた際に、炎症性腸疾患の可能性が選択肢に入るよう解説していきます。

続きを読む ≫
コロナ用の消毒剤で犬猫が死亡!?アルコールの危険性と注意点とは
犬の食事療法インストラクター師範
竹内惠 2021-01-27

コロナ用の消毒剤で犬猫が死亡!?アルコールの危険性と注意点とは

新型コロナウイルスの予防として、人はアルコールで手指の消毒をすることが推奨されていますが、アルコールは動物にはとても危険な物質です。新型コロナウイルスを予防しながら犬猫と共存するために、気を付けたい点や、実際にあった事例などをご紹介していきます。

続きを読む ≫
放っておいても大丈夫?犬の不整脈(刺激伝導異常)を解説!
獣医師
相澤啓介 2021-01-25

放っておいても大丈夫?犬の不整脈(刺激伝導異常)を解説!

犬における不整脈(刺激伝導異常)は、時に失神などの重い症状を誘発し、放置すると犬に大きな負担を強いる疾患です。 定期的な健康診断を受けることで早期発見が可能な疾患ですが、ヒトと比べて軽視されがちな疾患でもあります。 本記事では犬の不整脈、特に刺激伝導異常による不整脈を解説し、疾患に対する理解を深めて頂くことを目的としています。

続きを読む ≫
意外と知らない、犬が食べても良いものダメなもの
動物看護士
原京子 2021-01-14

意外と知らない、犬が食べても良いものダメなもの

私たちが普段何気なく食べている食材の中には、犬が食べると危険なものも存在します。 一体どのような食材がダメで、どのような食材が与えても大丈夫なのか気になりますよね。 この記事では、犬が食べられる食材と食べられない食材を詳しくまとめました。

続きを読む ≫
猫の心因性脱毛について 原因と対策法
獣医師
高橋 渉 2021-01-13

猫の心因性脱毛について 原因と対策法

猫に多い心因性脱毛についての原因、診断、治療、予防について詳しく解説いたします。

続きを読む ≫
猫の毛球症について 原因と対策法
獣医師
高橋 渉 2021-01-08

猫の毛球症について 原因と対策法

猫ちゃんに多い毛球症の原因、診断、治療、予防について詳しく解説いたします

続きを読む ≫
犬がぐるぐる回る理由は?原因や対処法紹介
動物看護士
原京子 2021-01-06

犬がぐるぐる回る理由は?原因や対処法紹介

犬がぐるぐる回る行動は、どのようなことが原因しているのでしょう。 この記事では、犬がぐるぐる回る原因を生理的、病気に分けて詳しくまとめました。

続きを読む ≫
愛犬が留守番中に吠えている?予防と対策
ペット栄養管理士
伊藤悦子 2020-12-24

愛犬が留守番中に吠えている?予防と対策

犬が留守番中に吠えると近所迷惑になってしまいます。とはいえずっと犬についているわけにもいきません。吠えるのは、寂しさや退屈からと考えられています。犬も飼い主さんも安心できる留守番方法を解説します。

続きを読む ≫
犬の常同行動や不眠症、元気・食欲低下について
獣医師
若林薫 2020-12-23

犬の常同行動や不眠症、元気・食欲低下について

 犬におけるストレス性の疾病や体調変化として、常同行動や不眠症、元気・食欲低下などがあります。これらの問題行動について解説していきます。

続きを読む ≫
犬の誤飲で窒息死!?シニア犬の飼い主さんは特に気を付けて!
犬猫の食事療法インストラクター師範
竹内 惠 2020-12-18

犬の誤飲で窒息死!?シニア犬の飼い主さんは特に気を付けて!

シニア期に多い、犬の誤飲についての危険性を実際にあった事例を踏まえて解説します。大好きなおやつが原因で亡くなってしまったなんて悲しいことにならないように、特に7歳以後のシニア期と呼ばれる老犬については、飼い主さんがおやつやご飯を与える際には注意してあげることが重要になってきます。

続きを読む ≫
猫の6つのストレスサインと解消法
愛玩動物飼養管理士
根本ももこ 2020-12-17

猫の6つのストレスサインと解消法

今まで問題がなかったのに、大きな声で鳴く、布や段ボールを食べる、トイレで排泄することができなくなったなど、愛猫の問題行動で悩んでいませんか? しつけができていないのかなと考えてしまいますが、これらの行動は猫のストレスが原因かもしれません。

続きを読む ≫
犬の心タンポナーデって何?パニックにならないための知識を紹介!
獣医師
相澤啓介 2020-12-16

犬の心タンポナーデって何?パニックにならないための知識を紹介!

犬の心タンポナーデは緊急疾患であり、速やかな処置が必要となる病態です。 急な虚脱や失神のために動物病院に緊急搬送されることも多いですが、その背景には腫瘍などの疾患が存在し、定期的な健康診断によってリスクを回避できることもあります。 本記事では犬の心タンポナーデについて解説し、犬のQOLを少しでも上昇させることを目的とします。

続きを読む ≫
犬の先天性心奇形、動脈管開存症って何?子犬のうちに健康診断を!
獣医師
相澤啓介 2020-12-14

犬の先天性心奇形、動脈管開存症って何?子犬のうちに健康診断を!

犬の動脈管開存症は心奇形の一種で、大動脈と肺動脈を繋ぐ動脈管が生後も塞がらない疾患です。 軽度のものでは症状はありませんが、放置すると心不全を招き、致命的になります。 治療法は外科手術のみであり、早期の診断と治療が望まれます。 本記事では、犬の動脈管開存症について解説し、子犬のうちに健康診断を受けることを推奨していきます。

続きを読む ≫
愛猫の運動不足解消におすすめの遊びは?ポイントを紹介
愛玩動物飼養管理士
國澤莉沙 2020-12-11

愛猫の運動不足解消におすすめの遊びは?ポイントを紹介

愛猫の運動不足を解消するための遊びと遊び方のポイントを紹介します。

続きを読む ≫
犬の膀胱炎について知りましょう
獣医師
藤井ちひろ 2020-12-07

犬の膀胱炎について知りましょう

猫ちゃんで有名なおしっこのトラブル、実はわんちゃんにも多いということをご存知ですか?とくに、感染による膀胱の炎症はわんちゃんが多く、8頭に1頭は一生のうちに一度は経験する病気とも報告されています。 おしっこがうまく出ない、もれてしまう、出すときに痛みをともなう・・・こんなトラブルはわんちゃんの身体だけでなく精神的にも大きなストレスになります。また、そんな愛犬をみるのはかわいそうでたまらなくなるはずです。 ぜひこの病気のことを知って予防を心がけてあげましょう。

続きを読む ≫
123456
ページ先頭