犬の病気・猫の病気・大切な家族と一緒に暮らすためのペットの情報サイト【公式 ウィズペティ倶楽部】 | ペットのトラブルの記事

× 閉じる × 閉じる
HOME > トラブル

トラブル

1234
うちのこが認知症?猫の認知機能不全症候群について知りましょう
獣医師
藤井ちひろ 2020-08-07

うちのこが認知症?猫の認知機能不全症候群について知りましょう

かわいいうちのこ、しぐさも見た目もずっとかわらない・・・って思っていたけれど、気づけばだいぶ年を取ってきたなーということありませんか。 今までみたことないような様子もあっったので、動物病院で話したところ「それは認知症かもしれません」?!。 愛猫が認知症なんて・・・とびっくりされるかもしれませんが、そもそも猫の認知症ってどんなことになるのか急に不安になってきませんか。 今回は正しく認知症を知ることで、今後必ずやってくるシニアの時間を快適に過ごすための準備をしましょう。

続きを読む ≫
うちのこが認知症?犬の認知機能不全症候群について知りましょう
獣医師
藤井ちひろ 2020-08-06

うちのこが認知症?犬の認知機能不全症候群について知りましょう

かわいいうちのこ、いつまでも子犬みたいって思っていたけれど気づけばだいぶ年を取ってきたなーと思うこともありませんか。今までみたことないような様子もあっったので、お散歩仲間に話したところ「それって認知症じゃない?」!。 愛犬が認知症なんて・・・とびっくりされるかもしれませんが、そもそも犬の認知症ってどんなことになるのか急に不安になってきませんか。 今回は正しく認知症を知ることで、今後必ずやってくるシニアの時間を快適に過ごすための準備をしましょう。

続きを読む ≫
大人の猫がじゃれすぎて困る!原因は飼い主さん?
ペット栄養管理士
伊藤悦子 2020-08-03

大人の猫がじゃれすぎて困る!原因は飼い主さん?

猫がじゃれついてくるのは一見かわいいものですが、子どもが噛まれたり、思わず猫を振り払ったりなど大変危険です。実は猫が人間にじゃれつくのは、人を獲物だと思っているから。そしてその原因を作っているのは人間です。正しい対応で、危険なじゃれつきを減らしましょう。

続きを読む ≫
犬の常同行動について
ペット飼育管理士
増田暢子 2020-07-28

犬の常同行動について

人にとって強迫神経症と言われている精神疾患に該当するのが、犬の常同行動です。常同行動は、動物園の動物達にも見られる行動で、このような行動を減らすため、動物園は飼育環境の改善に注力しています。今回は、飼い犬が常同行動を起こす原因や対処法について説明します。

続きを読む ≫
猫がおびえて懐かない!原因と対策を知ってリラックス!
ペット栄養管理士
伊藤悦子 2020-07-27

猫がおびえて懐かない!原因と対策を知ってリラックス!

猫がおびえていてなかなか懐いてくれない、怖がりで困っている飼い主さんに向けて、猫がおびえる原因と、飼い主ができる対策を解説します。あまりにおびえている場合は、なんらかの疾患がある可能性もあるため、獣医師に相談することも勧めます。

続きを読む ≫
犬がおしりをこすりつける4つの理由 おしり歩きは病気のサインかも
愛玩動物飼養管理士
根本ももこ 2020-07-22

犬がおしりをこすりつける4つの理由 おしり歩きは病気のサインかも

愛犬が床におしりをこすりつけて、前足でずるずると歩くことはありませんか? これは、「おしり歩き」とも呼ばれ、一見するとかわいい仕草ではありますが、病気が隠れている可能性があります。

続きを読む ≫
猫のけいれん発作に飼い主さんが注意すべきこと
キャットケアスペシャリスト
増田暢子 2020-07-15

猫のけいれん発作に飼い主さんが注意すべきこと

けいれん発作を起こす病気の代表例はてんかんですが、けいれん発作を起こす病気は他にもあります。実際に愛猫がけいれん発作を起こす姿を見ると、大抵の飼い主さんはパニックを起こすでしょう。けいれん発作の事前知識で、万が一の時にも冷静に対応できるようになりましょう。

続きを読む ≫
犬が懐かないのはなぜ?意外と忘れがちな「会話」とは
ドッグライフカウンセラー
原京子 2020-07-13

犬が懐かないのはなぜ?意外と忘れがちな「会話」とは

「愛犬のことを心から可愛いと思ってお世話をしていても、なかなか懐いてくれない・・・」 SNSで見かける様にべた慣れさせるに、どのような方法があるのでしょうか。 そんなお悩みの方に見られる落とし穴が、愛犬との「会話」です。 この記事では、愛犬に懐いてもらえない方が意外とやっていない「会話」について詳しく紹介します。

続きを読む ≫
ワクチンで予防できる犬パルボウイルス感染症ってどんな病気?
獣医師
相澤啓介 2020-07-09

ワクチンで予防できる犬パルボウイルス感染症ってどんな病気?

犬パルボウイルス感染症は発熱と激しい下痢、嘔吐を主徴とする感染症で、特に子犬の死亡率が高いことで知られています。感染力も強く、蔓延防止のためには定期的なワクチンの接種が推奨されています。本記事では飼い主さんの予防意識向上を目的として、犬パルボウイルス感染症について解説します。

続きを読む ≫
夏場の散歩で知っておくべき危険と対策 ~ダックスフンド~
家庭犬訓練士
瀧本めぐみ 2020-07-08

夏場の散歩で知っておくべき危険と対策 ~ダックスフンド~

温度も高く日差しも厳しい夏の散歩にはたくさんの危険があります。ダックスフンドを飼っている、これから飼おうと思っているみなさんに知っておいてほしい、夏場の散歩の危険とその対策についてご紹介します。愛犬の健康と命を守るために、しっかり知っておきましょう!

続きを読む ≫
確実に予防したい猫白血病ウイルス感染症ってどんな病気?
獣医師
相澤啓介 2020-07-03

確実に予防したい猫白血病ウイルス感染症ってどんな病気?

猫白血病ウイルスをご存じでしょうか。 猫を飼ったことのある方なら、一度は耳にしたことがある疾患だと思います。 感染すると健康に有害だという認識はあるかもしれませんが、どんな症状が現れるのか、何に注意すればいいのかなど、わからないこともあるのではないでしょうか。 本記事では猫白血病ウイルス感染症について詳しく解説していきます。

続きを読む ≫
子犬の後肢のゆるみ 先天性疾患とは?リスクとうまく付き合う方法
獣医師
若林薫 2020-07-02

子犬の後肢のゆるみ 先天性疾患とは?リスクとうまく付き合う方法

 先天性疾患という言葉をご存じでしょうか?生まれたときにすでに持っている病気のことを言います。子犬は先天性疾患のリスクを持って生まれてきますが、身体的特徴と同じ個性とも言えます。先天性疾患のリスクをできるだけ避けて、子犬を健康に育てるためにはどんなことに気を付ければいいのでしょうか?わんちゃんとの将来設計のために学んでいきましょう。

続きを読む ≫
猫の食事療法食(腎不全・尿石症)
獣医師
若林薫 2020-06-30

猫の食事療法食(腎不全・尿石症)

 食事療法食とは病気の治療と並行して処方されるスペシャルなごはんです。病気の治療をサポートする役割があります。ねこちゃんの腎不全・尿石症に対して処方される食事療法食についてわかりやすく説明しました。猫ちゃんの病気のリスクを少しでも減らしたい、長生きしてほしい、そんな飼い主さんにぜひご一読いただければと思います。

続きを読む ≫
猫の巨大結腸症の診断と治療
獣医師
久保井 春希 2020-06-24

猫の巨大結腸症の診断と治療

猫の巨大結腸症の基礎的な診断手順から、外科手術における治療法などを紹介していきます。

続きを読む ≫
猫の尿石症に対する治療と予防法
獣医師
久保井 春希 2020-06-18

猫の尿石症に対する治療と予防法

猫の尿路疾患で多い尿石症、できる場所によって腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石など様々な呼ばれ方をします。以前は大半がストルバイト結晶でしたが、近年その他の結石も多く見られるようになってきた為お話ししていきます。

続きを読む ≫
原因不明⁉猫の特発性膀胱炎を理解する!
獣医師
相澤啓介 2020-06-16

原因不明⁉猫の特発性膀胱炎を理解する!

猫の特発性膀胱炎は、これといった原因がないにも関わらず膀胱炎の症状が見られる疾患です。 動物病院でもしばしば聞かれる疾患ですが、やや難解な病名であることから十分な理解を得られていない方もいるのではないでしょうか。 本記事では、猫における特発性膀胱炎について解説します。

続きを読む ≫
改正動物愛護法とは?令和元年6月に改正されたその内容は?
獣医師
若林薫 2020-06-09

改正動物愛護法とは?令和元年6月に改正されたその内容は?

令和元年6月に動物愛護法が一部改正されました。 動物愛護法とはペットが不適な環境で飼育・販売されることを防ぐ法律ですが、どのような内容が改正されたのでしょうか?

続きを読む ≫
往診を始めよう!ペットたちの往診のメリットとは?
ウィズペティ倶楽部
ウィズペティ倶楽部 2020-06-05

往診を始めよう!ペットたちの往診のメリットとは?

獣医さんに家に来てもらって、診察や治療をしてもらう「往診」。 どのようなメリットがあるのでしょうか?

続きを読む ≫
その便秘、病気かも?!猫に起こる巨大結腸症の原因と症状、治療法
動物看護士
宮井 智美 2020-06-04

その便秘、病気かも?!猫に起こる巨大結腸症の原因と症状、治療法

猫がトイレで踏ん張ってなかなか出てこない、またうんちがコロコロして固い、もしかしたらそれは猫の便秘症かもしれません。猫の便秘の原因は様々ですが、その中に「巨大結腸症」という病気があります。 今回は猫に引き起こされる巨大結腸症の原因と症状、そして治療法をご説明していきたいと思います。

続きを読む ≫
猫の尻尾のベタベタは病気なの?スタッドテイルを理解しよう
動物看護士
菊地美咲 2020-05-27

猫の尻尾のベタベタは病気なの?スタッドテイルを理解しよう

スタッドテイルって病気なの? スタッドテイルが起こる仕組み スタッドテイルになりやすい猫とは スタッドテイルは動物病院に行くべき? スタッドテイルは継続的なお手入れが必要 スタッドテイルのお家でのお手入れ まとめ

続きを読む ≫
猫の扁平上皮癌について
獣医師
久保井春希 2020-05-21

猫の扁平上皮癌について

猫の口腔内腫瘍で最も多い扁平上皮癌について 口腔内の扁平上皮癌は犬では2番目、猫では1番目に多い腫瘍であり 治療法も限られています。 今回はそんな口腔内扁平上皮癌についてお話ししていきます。

続きを読む ≫
愛猫に野菜をあげたい!オススメの与え方は?
愛玩動物飼養管理士
國澤莉沙 2020-05-18

愛猫に野菜をあげたい!オススメの与え方は?

愛猫に野菜を与える際の注意点やオススメの与え方を紹介します。

続きを読む ≫
犬の肥満細胞腫とは?気になる症状、治療、予後まで解説‼
獣医師
相澤啓介 2020-05-15

犬の肥満細胞腫とは?気になる症状、治療、予後まで解説‼

肥満細胞腫は犬において最も多い皮膚悪性腫瘍と言われています。しかし、ヒトにおいてあまり一般的でないため、肥満細胞腫と聞いてもどんな病気かを正確に理解している人は少ないのではないでしょうか。本記事を最後まで読むことで犬の肥満細胞腫の知識を深め、早期発見や治療に役立てて頂ければと思います。

続きを読む ≫
猫の肥満細胞腫って何?気になる症状、治療、予後について解説‼
獣医師
相澤啓介 2020-05-14

猫の肥満細胞腫って何?気になる症状、治療、予後について解説‼

肥満細胞腫は悪性腫瘍の一種で、猫の皮膚や内臓に発生することがあります。しかし、肥満細胞腫と聞いてどんな疾患か想像するのは難しいのではないでしょうか。本記事では、猫に発生する肥満細胞腫における症状、診断法、治療や予後について解説していきます。

続きを読む ≫
犬の問題行動の予防と治療「飼い主」が出来ること
愛犬飼育管理士
千草由美 2020-05-13

犬の問題行動の予防と治療「飼い主」が出来ること

犬との生活の中で、頭を抱える問題が「犬の困った行動」です。犬の問題行動には、必ず原因があります。それを理解し原因を排除していくことで、問題行動が収まるケースも少なくありません。 犬の問題行動は予防できるのか、その解決策はどういうものなのかをお話しします。

続きを読む ≫
猫の免疫介在性溶血性貧血って何?怖い病気の症状から治療まで
獣医師
相澤啓介 2020-05-11

猫の免疫介在性溶血性貧血って何?怖い病気の症状から治療まで

免疫介在性溶血性貧血は自己免疫性溶血性貧血とも呼ばれる疾患です。自己の免疫システムの異常によって赤血球が破壊される疾患ですが、病名が長くて聞きなれない分、いまいちピンと来ない方もいるのではないでしょうか。本記事では猫における免疫介在性溶血性貧血の症状、診断、治療から予後まで解説していきます。頭の隅に入れて頂き、万が一の時に素早い対応が出来るようにしていきましょう。

続きを読む ≫
猫も花粉症になるの?クシャミや咳をするときの対応を紹介
愛玩動物飼養管理士
國澤莉沙 2020-05-08

猫も花粉症になるの?クシャミや咳をするときの対応を紹介

愛猫が咳やクシャミをしていると病気なのか不安になりますよね。 猫も花粉症になるのか紹介します。

続きを読む ≫
卵巣遺残症候群について
獣医師
高木俊輔 2020-04-22

卵巣遺残症候群について

卵巣遺残症候群はとてもまれな病気ですが、体の中に機能的な卵巣が残っていて、そこから分泌される性ホルモンの影響で発情徴候が出てきたり、その影響で病気になるというものです。 避妊手術を行ったにも関わらず発情のような症状がみられた場合はこの病気が疑われるため、症状や外陰部からの分泌物の検査、ホルモン測定、画像検査などで診断を行います。 治療は外科手術が基本になりますが、ホルモン注射のような内科的治療を行うこともあります。

続きを読む ≫
猫のリンパ腫って何?正しい知識と立ち向かい方を解説‼
獣医師
相澤啓介 2020-04-16

猫のリンパ腫って何?正しい知識と立ち向かい方を解説‼

リンパ腫という疾患を聞いたことがありますか。人間ではしばしば聞きなじみのある病気ですが、実は猫にもリンパ腫は発生します。漠然とどんな病気かは知っていると思いますが、その実態はどうでしょうか。本記事では猫におけるリンパ腫の症状、診断方法、治療から予後まで解説していきます。

続きを読む ≫
犬と猫の緑内障に対する緊急処置
獣医師
久保井春希 2020-04-13

犬と猫の緑内障に対する緊急処置

犬と猫における急な目の違和感。飼い主さまによっては2、3日様子を見てから来院される方も実際には多いです。しかし、緑内障などの緊急疾患の場合早期改善を行わない場合 視覚機能が消失してしまう場合があります。今回は緑内障に対する緊急的な処置を紹介していきます。

続きを読む ≫
1234
ページ先頭