犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「犬の飲み水に注意?硬水と軟水ならどっちをあげたほうが良いのか」

× 閉じる × 閉じる
HOME > 犬の飲み水に注意?硬水と軟水ならどっちをあげたほうが良いのか

犬の飲み水に注意?硬水と軟水ならどっちをあげたほうが良いのか

愛犬飼育スペシャリスト
岩崎莉保
[記事公開日] 2022-02-07 [最終更新日] 2022-02-07
犬に硬水や軟水、そして水道水は与えても大丈夫なのかやお水を飲んでくれない時にはどのように対処したら良いのかについて紹介しています。
[ 目次 ]
犬の飲み水に注意?硬水と軟水ならどっちをあげたほうが良いのか
毎日飲んでいるお水ですが、硬水や軟水そして水道水などいくつか種類がありますよね。人間はどのお水を飲んでも体に害になることはありません。

しかし、犬にとっては害になってしまうような成分を含んでいるお水もあるのです。毎日何気なくあげているお水が健康を損なうものだったら怖いですよね。

今回はそんな犬に飲ませる飲料水についてお話ししていこうと思います。

さらに、お水をなかなか飲んでくれないというお悩みを抱えた飼い主さんのために、お水を飲まないときにはどのように対処したら良いのかについてもお話ししていこうと思います。

硬水は犬に与えて良いのか

動物が生きるのに欠かせないのがお水です。そんなお水ですが、いろいろな種類がありますよね。この記事では犬にはどんなお水は与えて良くて、どんなお水は与えないようにすべきなのかを紹介していきます。また、お水を飲んでくれないときの対処法なども紹介しています。お水の中には硬水と呼ばれるミネラルがたくさん入ったお水があることをご存知でしょうか?

海外などのお水に多いのが硬水ですが、ミネラルが豊富に含まれていることから苦味を感じることもあるお水です。

そんな硬水は犬には与えてはいけないお水なのです。

豊富に含まれているミネラルの中にはカルシウムやマグネシウムといった成分が入っています。これらの成分は過剰に摂取することによって結晶化してしまうのです。

結晶化することによって尿路結石などのリスクを高めてしまう危険性があります。

また、尿路結石にならなくともお腹を壊して下痢をしてしまう可能性もありますので、硬水は飲ませないようにしましょう。

ミネラルウォーターを与える際にはペットボトルなどの裏面にどんなお水なのかの記載がありますので、硬水と書いてあった場合には与えないようにしてくださいね。

犬の飲み水に注意?硬水と軟水ならどっちをあげたほうが良いのか

軟水は犬に与えて良いのか

硬水は尿路結石や下痢の原因になるので与えないようにするとお話ししました。

では、軟水はどうでしょうか?

日本のミネラルウォーターはほとんどが軟水だと思いますが、この軟水は硬水ほどミネラル分を多く含んでいないので与えても問題がないと言われています。

ただし、日本でも島などのミネラルウォーターは硬水のことがありますので、必ず確認してから与えるようにすると良いでしょう。

犬の飲み水に注意?硬水と軟水ならどっちをあげたほうが良いのか

カルキは平気?水道水は与えて良いのか

おそらく犬を飼っている人の多くが水道水を与えていると思います。

しかし、カルキは大丈夫なのかな?と不安になる人もいるかもしれません。

カルキは菌の増殖を防ぐために入れている塩素のことですが、これは人間が飲んでも大丈夫なように犬に与えても問題ありません。

むしろ、カルキが入っていることで安全なお水であるということなのです。犬には水道水を与えるので十分ですが、中にはカルキの匂いを嫌がって水道水を飲んでくれないという犬もいるかもしれません。

その場合にはカルキ抜きをしましょう。

水道水をバケツなどに汲んで、数時間放置しておけばカルキは勝手に抜けていきます。また、早く与えたい場合には沸騰させてあげると良いでしょう。

ただし、カルキが抜けたお水は菌が増殖しやすいのでなるべく早く与えるようにすることが大事です。何日も変えずに同じお水を与えるようなことはしないでくださいね。

犬の飲み水に注意?硬水と軟水ならどっちをあげたほうが良いのか

お水を飲んでくれないときには

カルキが入っていなくてもお水自体をあまり飲んでくれない犬もいますよね。

脱水症状や便秘などになってしまうかもしれないからなるべくお水を飲ませたいという人はだし汁などを与えてみると良いです。

例えば、カツオからとっただし汁や鶏肉を茹でた煮汁などです。

少しでも香りがついていることによって水分を摂取してくれることがあります。病気などで水分をどうしても摂取しなくてはいけないというときなどに試してみてください。また、もともと水分の摂取量が少ない犬の場合には煮汁をフードにかけてあげたりしても良いでしょう。食事から水分を摂取することができるようになりますよ。

犬の飲み水に注意?硬水と軟水ならどっちをあげたほうが良いのか

犬用のお水ってどうなの?

最近、色々な種類のペット用のお水が販売されています。

ペット用のお水は水道水や人間が飲むようなミネラルウォーターに比べると高額なものが多いですよね。しかし、それらが本当に犬にとって良いものなのかよくわかっていません。

犬用のお水を購入する際には正しい判断を行うようにすることが大切です。

あくまで犬は水道水でも十分であることを忘れないようにしましょう。

犬の飲み水に注意?硬水と軟水ならどっちをあげたほうが良いのか

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は犬の飲料水についてお話していきました。硬水は尿路結石やお腹を壊す危険性があるので与えないようにすることや軟水や水道水は与えても問題ないということでしたね。

また、水分を摂取してくれない犬には鶏肉や鰹などを茹でただし汁を飲ませてあげたり、フードにかけて食事から水分を摂取できるようにしてあげると良いとお話ししました。

お水は毎日飲むものですから、正しい知識をもっておくことが愛犬の健康維持につながってきますね。
基本的には日本の水道水はとても安全であると言われているので、特別高いお水やペット用にお水を購入する必要はありません。

犬の飲み水に注意?硬水と軟水ならどっちをあげたほうが良いのか
ページ先頭