犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「あれこれ使えて役に立つ!犬用スヌード活用術」

× 閉じる × 閉じる
HOME > あれこれ使えて役に立つ!犬用スヌード活用術

あれこれ使えて役に立つ!犬用スヌード活用術

愛玩動物飼養管理士
松尾 猛之
[記事公開日] 2021-09-15 [最終更新日] 2021-09-15
ペット用品におけるスヌードは、主に愛犬の両耳を水濡れや汚れから保護するために使われるものとされています。しかしそのシンプルな形状の中にはいろんな特性があり、それらを生かして有益な使い方を考えて実践することもできるのです。ペットとの暮らしにおけるいろんな場面に役立つ「犬用スヌード」有効活用のヒントをご紹介いたします。
[ 目次 ]
あれこれ使えて役に立つ!犬用スヌード活用術
人間用のスヌードは首のまわりに巻く防寒アイテムとして、外出時などのおしゃれに使われています。また、女性の髪を後ろにまとめる時に使う袋状のネットもスヌードと呼ばれています。

一方で家庭動物が使うスヌードは人間とやや異なる用途になり、頭からかぶせて両耳を隠し、保護することを主な目的として作られていますが、それだけではもったいない機能や便利さを生かすことが、犬用スヌードの活用の幅をグンと広げてくれることにもつながります。基本的な使い方、適切なサイズの選び方を押さえた上で、愛犬との暮らしにおいて便利に活用しましょう。

犬用スヌードとは、どんなもの?

愛犬に使うスヌードは伸縮性のある筒型の構造です。使わない時の形はほぼ平面ですが、両手で広げると輪っかの形になり、愛犬の頭からかぶせて顔を通し、両耳の根元から隠すように生地を覆って装着します。スヌードの奥行きならびに愛犬の体格にもよりますが、首のあたりまで生地を伸ばして着用することもあります。

愛犬(主に耳の長い犬種)が食事や飲水時などの際に、水濡れや汚れの付着を防ぐためのカバーとして着用させるのが一般的ですが、散歩などの外出時、砂ぼこりや水たまりの跳ね返りなどで耳を汚さない目的でも使われています。

もともとは耳の保護として使われていた犬用のスヌードですが、現在では人間と同じく首に巻く形で、防寒アイテムの用途でも広く使われるようになっています。素材や形状、デザインも多様化しており、ハンドメイドの商品も多数販売されています。

あれこれ使えて役に立つ!犬用スヌード活用術

サイズ選びは「大は小を兼ねる」の考えで

頭からかぶせるだけとはいえ、実はサイズ選びが難しい犬用のスヌード。特に試着ができないネット購入においては、何を目安にサイズを考えればいいのか迷うこともあります。

多くの場合、犬用のスヌードには生地の両端にゴムが入っていますので、ある程度の伸縮は利くと考えていいのですが、生地の素材によっては思ったほどサイズの融通が利かない場合もあり、フィット感にも影響するので注意が必要です。

サイズ選びの目安は、愛犬の「顔まわり」となります。着用時を想定して、スヌード生地の先端が位置する箇所の周囲を計測の上、メーカーが定めるサイズ目安と照らし合わせます。
顔まわりサイズの目安範囲は商品によって差があります。これはゴム伸縮の度合いに比例する部分となりますが、スヌードについては「大は小を兼ねる」観点でサイズを選ぶのが良いでしょう。

耳をしっかり押さえたい、というフィット感の重視によって、すき間を作らないサイズ選びを考えがちになりますが、スヌードはそもそも頭を通せなければ使うことができず、またなんとか通ったとしても、耳を過度に押さえつけてしまうなど、愛犬が着用時の圧迫感によるストレスにつながる場合があります。またゴムを強く伸ばした状態で使い続けるのは劣化を早めることにもなりかねません。大きめのサイズを着けても使用時の支障が少ないスヌードは、ゆとりを優先させたサイズ選びがおすすめです。

防寒対策以外にも……季節にあわせた使い方

工夫次第でいろんな使い方ができるスヌードは、寒い時期以外にも広く活用できるアイテムです。
暖かくなる時期は花粉付着を防ぐ目的での装着によって、アレルギーを持っている愛犬の耳のケアに役立ちます。

夏場は熱中症予防に有効です。水で濡らして着けたり、保冷剤を間に挟んだりなど、普段の装着感そのままに暑さ対策が可能となります。メーカーでは接触冷感生地を使った商品も販売されており、首までかぶせられる長さであれば、スヌード1つでとても快適なお散歩ができます。

雨の時期、レインコートのフードが苦手な愛犬のお散歩にスヌードを使ってみるのもおすすめです。
防水の生地であれば、帰宅後の被毛のお手入れがかなり楽になります。また蚊が多い時期のお散歩にもスヌードが有効で、防虫ウエアとあわせて使えば虫よけの効果が大きくアップします。

介護の場面でも、便利に使えます!

スヌード特有の使い勝手の良さは、愛犬が病気やケガを負った際の患部保護にも大いに活用ができます。着用の手間が少なく、接触を防ぎたい箇所をピンポイントで守ってくれる特性を生かすことが、傷口の治りを早めるだけでなく、看病の負担軽減にもつながるメリットを生んでくれることがあります。

◇耳の病気や皮膚疾患のケアに
顔まわりから首まですっぽり覆うことができるスヌードの形状は、そのまま愛犬の患部を合理的に保護する役割としても使うことができます。外耳炎、中耳炎、耳血種といった耳の病気やケガの治療時や術後のケアに、スヌードは最も手軽で着用負担の少ない保護具となります。もちろん耳周囲の皮膚炎などを掻きたがる、触りたがる時にも有効です。

◇エリザベスカラーの首もとが気になる時に
特にプラスチックのような硬いカラーを着けていることで、ペットが首もとを気にする場合がありますが、その違和感を和らげるクッションとしてスヌードを使ってみてはいかがでしょうか。エリザベスカラーとの相性やフィット感にもよりますが、肌当たりがソフトになって着用ストレスの軽減につながる効果が期待できます。メッシュ生地など、薄手のスヌードと合わせての使用がおすすめです。

あれこれ使えて役に立つ!犬用スヌード活用術

まとめ

比較的安価で購入できる、そしてハンドメイドもできる犬用スヌードは、既存の使い方にとらわれることなく、生活のいろんな現場で活用できる可能性を持った万能アイテムです。上記に挙げた以外では、ハロウィンやクリスマスなどで手づくり仮装のベースとしてスヌードを使うなど、楽しく活用することもできる良さも持っています。

アイデアと工夫次第でペットライフにさまざまな利便性を与えてくれるスヌードを、あなたの愛犬との暮らしにも便利に、有効に使ってみてはいかがでしょうか。

ページ先頭