犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「猫と過ごすクリスマス!猫も食べられるおすすめレシピ紹介」

× 閉じる × 閉じる
HOME > 猫と過ごすクリスマス!猫も食べられるおすすめレシピ紹介

猫と過ごすクリスマス!猫も食べられるおすすめレシピ紹介

動物看護士
原京子
[記事公開日] 2020-12-21 [最終更新日] 2020-12-22
猫にもクリスマス料理を食べさせたい。
そんな方には、猫が食べても安心な食材を使用した手作り料理がおすすめです。
この記事では、猫でも食べられるクリスマス料理や、手作りをする際の注意点を詳しくまとめました。
[ 目次 ]
猫と過ごすクリスマス!猫も食べられるおすすめレシピ紹介
愛猫家の皆さんは、愛猫と一緒にクリスマスをお祝いをしたいと考えている方も多いでしょう。
しかし、残念ながら人間のご馳走を猫に食べさせることはできません。
せっかくのクリスマスには、愛猫にも特別なご馳走を食べさせたいものです。
そこで、猫へのクリスマス料理は、猫が食べられる食材を使って手作りをしてみてはいかがでしょうか。
大好きな飼い主さんが愛情をこめて手作りした料理は、愛猫にとってご馳走に感じるはずです。
この記事では、猫も食べられるクリスマスレシピや、手作りする際の注意点を詳しくまとめました。

猫にクリスマス料理を作る際の注意点

猫にクリスマス料理を作る際、どのようなことに注意をすればよいのでしょう。
ここでは、猫にクリスマス料理を作る際の注意点を紹介します。

猫が食べられる食材を使用する
クリスマス料理には、猫が食べたがるような品がたくさんあります。
しかし、人間の料理は猫が食べると中毒を起こすものや、濃い味付けをされたものが多くあります。
猫に手作り料理を作る際には、必ず猫が食べられる食材のみを使用することや、人間の食べ物を代用しないことが大切です。

ローストチキンは控える
ローストチキンは鶏肉なので大丈夫だろうと思いがちですが、実際に事故の多い食材です。
鶏肉の骨(ターキー含む)は折れると先が鋭利になります。
そのため、飲み込んだ際に食道や胃を気づ付けてしまう事故が、クリスマスの時期に多く報告されています。
ローストチキンは味付けも濃いため、猫に食べさせることは避けたほうが無難でしょう。

小麦、砂糖、乳製品は極力使わない
ケーキやクッキーの材料には、小麦や砂糖、牛乳などの乳製品が多く使用されます。
これらの材料にアレルギーを持つ猫は多く、消化も良くないためなるべく与えたくない食材です。
猫にケーキやクッキーを作る場合には、なるべくこれらの食材を使わない方が良いでしょう。
例えば小麦であれば、米粉やおからパウダーなどで代用することができます。
材料を工夫して、猫に安心な料理を作ってあげましょう。

肉や魚は過熱する
猫は肉食なので、肉や魚が大好きです。
クリスマスには、美味しそうな生肉や生魚を食べさせたいと考えている方もいるのではないでしょうか。
しかし、猫に生肉や生魚を与えるのは良くありません。
生肉や生魚には、高い確率で寄生虫が潜んでいます。
また、魚の種類によっては生で与えると健康を害することがあります。
肉や魚を使ったアレンジ料理を作る際には、必ず過熱をしてから与えることが大切です。

猫と過ごすクリスマス!猫も食べられるおすすめレシピ紹介

おすすめ!猫用クリスマスレシピ紹介

実際に猫でも食べることのできるクリスマス料理は、どのようなものがあるのでしょう。
ここでは、猫でも食べることのできるクリスマスレシピを紹介します。

1.お豆腐の簡単クリスマスケーキ
【材料】
・ドライフード:40g
・ウェットフード:2分の1缶
・卵黄:2分の1
・豆腐:100g
・スティック型の猫のおやつ
【作り方】
1.豆腐は水を切り、薄く輪切りにする
2.卵黄をとき、油を敷かずに薄焼きにする
3.牛乳パックで円柱の方を作り、豆腐、ウェットフード、ドライフードの順に繰り返して入れる
4.一番上に薄焼き卵を載せ、その上にろうそくに見立てたスティック型おやつをさして完成

オーブンを使わないため、時短で簡単に作ることのできるケーキです。
お豆腐といつものキャットフードでできているので、健康面でも安心です。
見た目もミルフィーユのようになっていて、おしゃれで可愛いケーキに仕上がっています。
スティック型おやつを工夫すれば、誕生日ケーキにもおすすめです。
”Cpicon” 猫のためのバースデーケーキ by がっちゃんままっち

2.ごまとさつまいものクッキー
【材料】
・さつまいも:70g
・薄力粉:30g
・ごま:5g
・ベーキングパウダー:小さじ2分の1
・豆乳:小さじ1
【作り方】
1.薄力粉とベーキングパウダーはふるいでふるい、ごまはすり鉢で細かくする
2.さつまいもは良く洗い、レンジで1分半ほど過熱して柔らかくする(竹串が通るくらい)
3.さつまいもを熱いうちにボールに入れつぶし、豆乳を加えて混ぜる
4.薄力粉とごまを合わせ、ざるでふるいながら3に入れ、ゴムべらで混ぜる
5.粉っぽさがなくなったら記事をまとめる
6.記事をラップでサンドして、綿棒で伸ばす
7.好きな型で抜いて、180度のオーブンで12分焼いたら完成

さつまいもを主原料とした、さくさくのクッキーです。
クリスマスに合った型で抜いてあげると、より雰囲気を出すことができます。
薄力粉にアレルギーがある場合には、米粉やおからパウダーで代用してください。
また、ごまはそのままだと消化が悪いため、必ずすりつぶして与えるようにしましょう。
”Cpicon” 猫ちゃん用♡ごまさつまクッキー by 世那snココママ

3.米粉のカップケーキ
【材料】
・米粉:75g
・乾燥おから:15g
・卵白:3個
・コーンスターチ:2g
・卵黄:3個
・豆乳:30g
・バニラオイル:6滴ほど
【作り方】
1.米粉とおからをふるっておく
2.卵黄、豆乳、バニラオイルを合わせる
3.卵白とコーンスターチをしっかり泡が硬くなるまで泡立てる
4.2を泡がもったりするまで泡立てる
5.3に4を入れ、混ぜる
6.米粉とおからを5に入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜる
7.絞り袋に生地を入れる
8.カップケーキの型に8割ほど生地を入れ、170度のオーブンで18分焼いたら完成

米粉を主原料に使用したカップケーキです。
カップケーキのほかにもホールケーキやトッピングをしてアレンジをするなど、幅広く使えるレシピです。
バニラオイルは、気になる方は控えても構いません。
砂糖や小麦を使っていないので、健康面でも安心して与えることができます。
卵などにアレルギーのある場合には、控えるようにしてください。

猫と過ごすクリスマス!猫も食べられるおすすめレシピ紹介

まとめ

クリスマスは猫と一緒にご馳走を食べてお祝いをしたい、しかし、人間の食べ物は与えられない。
そんな時は、猫が食べられる食材を使って、クリスマス料理を手作りする方法がおすすめです。
紹介したレシピには、猫にとって害のある食材は使用していません。
手の込んだものから時短で簡単にできるものまで、猫用のクリスマスレシピはたくさんあります。
愛猫の体質などを考えて、体調を崩さない材料を選んであげてください。
今年の愛猫へのクリスマスプレゼントには、是非手作りご飯を作ってみてはいかがでしょうか。

猫と過ごすクリスマス!猫も食べられるおすすめレシピ紹介
ジュイクル事前登録サイトジュイクル事前登録サイト
ページ先頭