犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「猫の爪とぎで家の中がボロボロにならない対策5選」

× 閉じる × 閉じる
HOME > 猫の爪とぎで家の中がボロボロにならない対策5選

猫の爪とぎで家の中がボロボロにならない対策5選

愛玩動物飼養管理士
國澤莉沙
[記事公開日] 2020-12-25 [最終更新日] 2020-12-25
猫が爪とぎをして家がボロボロになってしまった!というお悩みはよくあることです。
猫の爪とぎの対策について紹介します。
[ 目次 ]
猫の爪とぎで家の中がボロボロにならない対策5選
気まぐれな性格の猫ちゃんがたまに甘えてくる仕草は可愛らしくて癒されます。
また、飼い主さんとボールや猫じゃらしで遊ぶ時間は双方にとってもとても幸福な時間ですよね。

様々な癒しを提供してくれる猫ちゃんですが、家中で爪とぎされてしまいボロボロに!なんていう経験はありませんか?
爪とぎは猫にとって欠かせない行動ですので、ある程度は仕方がないといえますが家の中がボロボロになる前に対策をしたいものです。

本記事では、猫が爪とぎで家の中をボロボロにしないためにしたい対策について紹介します。
愛猫の爪とぎ対策の参考にしてくださいね。

何故猫は爪とぎが必要なの?

猫はとても身軽な動物であり、跳躍力も高く木の上や塀などにもスルスルと登ります。
そんな身軽な動きをするためにも爪は大切な部位であり、狩りをして獲物を捕まえるためにも爪は重要です。

飼い猫が狩りをすることはあまりありませんが、猫にとって爪は自分を守るための武器にもなります。
さらには、爪とぎを周囲にすることはマーキングの役割も果たしており、自分の縄張りを主張するためにも必要です。

そして意外にも爪とぎにはリラックス効果やストレス発散などに効果的です。
運動不足の解消やストレスを溜めないためのケアとして自分で爪とぎを行うことで、ストレスを軽減してします。

そんな心身共に必要不可欠な爪とぎを無理やりやめさせることは、猫に強いストレスを与えることになり信頼関係の崩壊や体調不良の原因にもなります。
そのため、ある程度爪とぎをされても大丈夫なように飼い主さんが対策を立てておくことが、ポイントになります。

家の中でしたい爪とぎ対策について次項目より紹介します。

家の中がボロボロにならないための爪とぎ対策5選!

家の床や家具を守るためにしたい対策について紹介します。
猫ちゃんの爪とぎにお悩みの方は参考にしてくださいね。

①猫の爪切り

基本的には爪切りを定期的に行い、短くそろえておくことがボロボロにしないための対策になります。
猫が自身の体を傷つけることを防止することもできますし、多頭飼いの場合には猫ちゃん同士の喧嘩をした時の怪我の防止にもなります。

一つ注意したいのは、猫の爪は神経が通っており、誤って神経を切ってしまうと血が出てしまい痛みを伴います。
猫にとってトラウマになり、その後ケアさせてくれない原因にもなるため慣れるまでは動物病院などでプロに行ってもらうのが、おすすめです。
爪切りはコツがいるため、愛猫の様子を見ながら少しずつ爪切りをしましょう。

料金は動物病院によって異なりますが、約500円前後で爪切りをしてもらえますよ。
健康チェックも一緒にしてもらえますので、予防接種の際や定期検診の際に爪切りをお願いすることもおすすめです。

②家具の保護

猫に爪とぎをされて困る場所はカバーなどをかけて保護するようにしましょう。
また、愛猫が入れる部屋を制限して飼育スペースとわけることで爪とぎをされると困る家具は猫の周りには設置しないようにします。

基本的なことですが、テーブルの脚やソファなど猫が爪とぎしやすい家具は保護することでボロボロになることを防ぐことができますよ。

ペットショップにも、爪とぎ防止シートが種類豊富に販売されていますので、おうちの環境に合わせて準備してみましょう。
爪とぎ自体をやめさせることは猫にとってストレスになり、なかなか難しいものです。
家具を保護して、爪とぎしても問題のない環境整備をすることがポイントになります。

③爪とぎ場所を用意

ペットショップでは爪とぎ用の段ボールでできたおもちゃやベッドが販売されています。
飼育スペースには、爪とぎをして遊べる場所を用意しましょう。

冒頭でも紹介したように、猫にとって爪とぎはストレス発散や運動不足の解消にも効果があります。
効率よく爪とぎをして、ストレスを発散できるように複数の爪とぎ場所を準備してあげるのがおすすめです。

爪とぎ用品は使い捨てのものが多いので、ボロボロになったら定期的に新しいものに交換してあげましょう。

④ストレスを溜めない

猫もストレスが溜まるとイライラしたり、いろいろなものを破壊してしまうことがあります。
愛猫が落ち着きがない、いつもより爪とぎが激しいなど異常が見られたときにはなんらかのストレスを抱えていることがあります。

ストレスから普段は爪とぎをしない場所で爪とぎをするなどというケースもありますので、猫ちゃんの様子を観察しながらストレスの原因を探って、取り除いてあげましょう。

また、ストレスは体調不良の原因にもなります。
下痢や嘔吐の症状がある場合には一度動物病院で診察してもらうようにします。

⑤爪の異常に注意

あまりにも激しく爪を研いでいる、家中で爪とぎをするなど普段よりも激しく爪とぎをする場合には、爪が炎症していたり手足の痛みや違和感から爪とぎをしている場合があります。

爪周りの異常だけでなく、病気のサインの可能性もあり苦痛を紛らわすために爪とぎしている可能性もあります。
爪とぎをしている以外にも異常がないかチェックして、早めに動物病院を受診するのが病気の早期発見に繋がります。

普段から愛猫の様子をよく観察して、異常に気付けるようにしましょう。

猫の爪とぎで家の中がボロボロにならない対策5選

まとめ

猫が爪とぎで家の中をボロボロにしないための対策について紹介しました。
猫にとって爪とぎは欠かすことのできない行動であり、爪とぎをやめさせることは難しいので飼い主さんが爪とぎをしても問題のない環境を整備してあげるのが、ポイントになります。

猫ちゃんとの暮らしが充実して、楽しいものにするためのヒントになれば幸いです。

ジュイクル事前登録サイトジュイクル事前登録サイト
ページ先頭