犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「猫にお刺身をあげても大丈夫?おすすめ魚レシピも紹介」

× 閉じる × 閉じる
HOME > 猫にお刺身をあげても大丈夫?おすすめ魚レシピも紹介

猫にお刺身をあげても大丈夫?おすすめ魚レシピも紹介

愛玩動物飼養管理士
國澤莉沙
[記事公開日] 2020-09-08 [最終更新日] 2020-09-08
猫にお刺身を与える際の注意点を紹介します。愛猫のキャットフードのトッピングとしてもおすすめです。
猫にお刺身をあげても大丈夫?おすすめ魚レシピも紹介
日本の猫は魚好きなイメージがあり、魚を使用したキャットフードやおやつなどもたくさん販売されています。
飼い主さんが魚を食べていると愛猫が欲しそうにジーッと見つめてい流島こともよくあります。

猫にお刺身を与える時の注意点を紹介します。

猫にお刺身は大丈夫?

島国である日本は海に囲まれており、昔から猫との暮らしの中で魚を主食にしてきた歴史から猫も魚中心の食生活を送ってきました。
そのため、日本の猫は魚好きな子が多くおやつなどのフレーバーも魚味の商品が多いのが特徴です。

結論を言えば、健康な猫であれば、猫に刺身を与えても問題はありません。
魚にはDHAやEPA.カルシウムが豊富に含まれており健康的な猫の生活にも効果的な栄養素です。
特に活動的に動くためにもDHAやEPAは必要であり、魚を与えることにより効果的に摂取することが可能です。

しかし、何点か注意点があり大量に与えたり鮮度が悪いものを与えると食中毒の原因になります。
さらには猫にお刺身を与える場合には、毎日のように与えないようにして人用の刺身一切れの半分程度にするようにします。

貝類の内臓には猫が光線過敏症になるリスクがある有毒成分が含まれているため、絶対に与えてはいけません。
また、イカやタコ、甲殻類も猫の胃腸に負担がかかり下痢や嘔吐の原因になるため与えないようにします。

同時に貝類や甲殻類、イカやタコにはビタミンB1を分解してしまうチアミナーゼという酵素が含まれており、継続的に摂取するとビタミンB1欠乏症になる可能性もあります。

マグロやアジ、タイなどのお刺身を少量与えるようにしてお刺身はとっておきのおやつとして与えるようにすることがおすすめです。

猫にお刺身をあげても大丈夫?おすすめ魚レシピも紹介

猫にお刺身を与える時の注意点

猫にお刺身を与える際には少量にしてイカやタコ、甲殻類と貝類は与えないと紹介しましたが他にもいくつか注意したい点があります。

一つは新鮮な鮮度の良いものを与えるという点です。人用の刺身として販売されているものは新鮮なものが多いですが、購入してから日数が経っているお刺身は与えないようにしましょう。

生のお刺身には酵素類が豊富なため愛猫の健康にも効果的ですが、鮮度が悪いと一気に食中毒のリスクが高まります。
食中毒になると激しい下痢や嘔吐の症状が見られます。

症状が悪化すると脱水症状や衰弱などの命に関わる重篤な状態になるため、愛猫に少しでも異常が見られた場合には動物病院で診察を受けるようにしましょう。

さらにアジやサンマなどの不飽和脂肪酸が多く含まれている魚を食べすぎでしまうと黄色脂肪症と言われる疾患になる可能性があります。
イエローファットと呼ばれているこの疾患は腹腔内に炎症を起こす可能性があり、歩行異常や発熱などの症状があります。

アジやサンマを主食として食べていなければイエローファットになる可能性は低いですが、食べ過ぎには注意が必要です。

さらには生の魚にはアニサキスなど寄生虫のリスクもあります。
アニサキスは人にも寄生するものですが、猫の体内に入ると激しい痛みと嘔吐、下痢などの症状が見られます。
アニサキスは加熱することにより死滅しますが、寄生虫のリスクが気になる場合には刺身を加熱して与えることがおすすめです。

猫にお刺身を与える時のおすすめレシピ

猫にお刺身を与えるときは醤油や薬味などはつけずにそのままの状態で与えるようにします。
醤油などは猫には味が濃すぎるため塩分のとりすぎにも繋がります。
また、加工された魚は砂糖や添加物が使用されていることもあり肥満などの生活習慣病の原因にもなるため、無味の状態で猫に与えることが大切になります。

猫にそのままお刺身を与えることも効果的ですが、一手間加えることによりキャットフードのトッピングとして活用することも可能です。
さらにお刺身を加熱することで、上記で紹介した寄生虫などのリスクを避けることもできます。

おすすめの与え方はまず、沸騰したお湯でお刺身をしゃぶしゃぶして氷水で冷やします。
氷水でしめたお刺身をキッチンペーパーなどで水気を拭き取り細かく刻みます。
お刺身を使用した魚フレークの完成です。

新鮮な刺身を利用した魚フレークは臭いも強く、嗜好性がグンと上がるためキャットフードのトッピングとしてもおすすめです。

さらにはお刺身をグリルで焦げないように気をつけてカリカリに焼いてた後、細めに切るとお魚ジャーキーにも変身します。
お刺身を上手に活用して愛猫の食卓に彩りを加えてあげるのも良いでしょう。

猫にお刺身を与えても大丈夫

健康な猫にお刺身を与えることは問題ありません。
魚には、カルシルムが豊富に含まれており、良質なタンパク質を取ることもできます。

お刺身を猫に与える時には大量に食べさせないようにして、おやつやトッピングとして与えるようにしましょう。
また、鮮度の良いものを与えるようにして食中毒などには十分注意します。

持病がある猫にお刺身を与える場合には、1度獣医さんに相談してから与えることがおすすめです。

ジュイクル事前登録サイトジュイクル事前登録サイト
ページ先頭