犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「猫の脱走防止に迷子札をつけよう!」

× 閉じる × 閉じる
HOME > 猫の脱走防止に迷子札をつけよう!

猫の脱走防止に迷子札をつけよう!

愛玩動物飼養管理士
國澤莉沙
[記事公開日] 2020-10-30 [最終更新日] 2020-10-30
猫が逃走してしまっても迷子札をつけていれば早く飼い主さんのところへもどることができます。
迷子札選びのポイントを紹介します。
[ 目次 ]
猫の脱走防止に迷子札をつけよう!
猫は身軽な動物であり、室内飼いが主流ではありますが窓の隙間やちょっとした瞬間に飛び出して逃走してしまう危険があります。

迷子の猫ちゃんが飼い主さんのもとに早く帰るためにも迷子札をつけることは有効です。
猫に迷子札をつけるポイントを紹介します。

迷子札選びのポイントをは?

迷子札とはその名の通り、愛猫が迷子になって保護された際に見つけてくれた人がすぐに飼い主さんに連絡できるように、猫の名前や飼い主さんの連絡先がかかれている札のことです。

迷子札を首輪と一緒につけておけば、無事に飼い主さんのもとに帰れる確率が高くなり、見つけてくれた人も飼い主さんを探すために時間と手間をかける必要がなくなるので、スムーズに戻ることができます。

飼い主さんと愛猫を繋ぐ絆である迷子札は首輪などに取り付けられる軽量なものが良いでしょう。
さらにはシンプルで、猫の名前や飼い主さんの連絡先がはっきりと印刷されているデザインを選ぶようにします。

華美な飾りがついているおしゃれな迷子札もありますが、猫が気になってとってしまったり、誤飲の原因にもなるためシンプルで飾りの付いていない迷子札を選ぶのがおすすめです。

首輪と一体化した迷子札もおすすめ

首輪に縫い付けられている迷子札は首輪と一体化しているため、猫が日常的につけていても問題なく使用できます。
また、丈夫で劣化しにくいものが多いため長いことつけていても文字などがかすれることなく使用できます。

また、刺繍や金属に刻印されている迷子札であれば文字も削れにくく丈夫なため使いやすいでしょう。
長毛種な猫ちゃんには迷子札が埋もれてしまう可能性もあるため、首輪に取り付けられるキーホルダー型の迷子札も良いでしょう。
普段から身につけられるところに迷子札をつけておけば、災害などにより猫が逃走してしまっても迷子札をつけたままですので、早めに飼い主さんと連絡を取ることができるようになります。

首輪と一体化した迷子札は首輪のデザインがおしゃれなものを選べば迷子札の機能を持ちながら、おしゃれを楽しむことも可能です。
飼い主さんとしては、愛猫に身につけるものはできるだけおしゃれなデザインのものが良いですよね。
可愛らしい柄の迷子札付きの首輪をチョイスして、おしゃれを楽しみながら愛猫の安全を守ってあげましょう。

首輪のデザインにも注目する

前項では首輪に一体化した迷子札をおすすめしましたが、その場合には1度首輪のデザインも吟味して選ぶようにしましょう。
華美な装飾のついたものではなくシンプルで頑丈なものを選び、愛猫が激しく動いても外れない首輪を選択します。

お部屋で首輪が外れてしまったまま逃走して迷子になるとせっかくの迷子札も意味をなくしてしまいます。前もって外れにくい金具の首輪を使用して愛猫のの安全性を高めてあげましょう。
首輪は皮製や布製、ハーネスなど様々なタイプがありますがそれぞれにメリット・デメリットがあります。

愛猫にはどのタイプの首輪が使用しやすいか考えて購入することが長く使う上でのコツです。
皮製首輪は強度があり、身体の大きな猫にもおすすめですが重さがある分首に負担がかかる場合があります。
また、購入価格も高額になる場合があります。

布製首輪はデザインも可愛いものが多く、安価で購入できるものも多いしため初心者も買いやすい首輪です。
しかし、長年使うと劣化しやすいため定期的に新しいものに取り替える必要があります。
また、力の強いやんちゃな猫に使う際にはさらに壊れやすい場合があるので、注意が必要です。

ハーネスは首に負担をかけることなく、胴回りでしめるためホールド力があり、逃げにくいですが、接している面が多いため嫌がる子もいます。
また、猫に普段使いするには少し問題があるためハーネスはあまりおすすめできません。

猫の脱走防止に迷子札をつけよう!

迷子札は飼い主さんと猫をつなぐ絆

愛猫に迷子札をつける場合の購入のポイントなどについて紹介しました。
猫は室内飼いのため迷子札なトマトいらないのでは?と感じる飼い主さんもいるかもしれませんが逃走事故はいつおきるかわからないものです。
普段は冷静で家からでることのない猫ちゃんでも地震などの災害の際にびっくりしてしまい、破損したドアや窓から逃走してしまうということもあります。

また、パニック状態で逃げ出してしまうと家までの道順がわからなくなり完全に迷子になり衰弱してしまう可能性もあります。
危険は日常的に潜んでいるためもしもの時にも冷静に対処できるように迷子札を活用して愛猫の安全対策をしてあげることは飼い主さんの重要な役目とも言えます。

愛猫が迷子になってしまった場合には飼い主さんも不安であり、1日でも早く帰ってきて欲しいものです。
そんな飼い主さんと愛猫をふたたびつなぐ絆としても迷子札は大切なアイテムになります。

おしゃれを楽しみながら愛猫の安全を守ることができる迷子札は猫を飼ったら用意したい重要アイテムです。
愛猫にぴったりの迷子札を探しの参考にして下さいね。

ページ先頭