犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「小さなお顔に大きな眼が特徴!シンガプーラの全てをご紹介」

× 閉じる × 閉じる
HOME > 小さなお顔に大きな眼が特徴!シンガプーラの全てをご紹介

小さなお顔に大きな眼が特徴!シンガプーラの全てをご紹介

愛玩動物飼養管理士
小松有加
[記事公開日] 2020-04-30 [最終更新日] 2020-04-30
シンガプーラの特徴、性格やかかりやすい病気など
小さなお顔に大きな眼が特徴!シンガプーラの全てをご紹介
シンガプーラという猫を聞いたことがありますか?名前の通りシンガポールで生まれた猫種です。
シンガプーラはシンガポールで自然発生したとされている猫種です。
顔がとても小さいですがすごく大きな眼を持っており、猫好きを釘づけにしてしまう魅力を持っています。
そんなシンガポールの妖精、シンガプーラの魅力や特徴をご紹介していきます。

シンガプーラの特徴

シンガプーラは、公認猫種のなかでは最小の体です。小さい体のわりに筋肉質でがっしりとしたボディを持っています。頭は小さく丸く、眼はアーモンド型でややつり上がり気味で大きいという特徴があり、毛色はセピアアグーチというパターンのみで、柔らかくシルクのような手触りの毛を持っています。また、独特のティッキングにより、動きによって毛色が微妙に変化して見えます。
妖精と呼ばれることもある、愛らしい猫です。

シンガプーラの性格

性格は優しく、人見知りをしません。活発に動き、アクティブな遊びが大好きです。しつけもしやすく、鳴き声が小さいので、集合住宅での飼育も向いています。
人懐こい性格で甘えん坊がシンガプーラが多いです。

シンガプーラがかかりやすい病気

猫種は犬に比べそれぞれの特徴に大差がないためどの病気もかかることがありますが、シンガプーラがかかりやすいのは心臓の病気や、腎臓の病気です。
腎臓の病気はどの猫もなりやすいです。
心臓は純血種の猫ほどなりやすい傾向にあり、シンガプーラもその一つです。心臓の病気は外からではわからないため症状が出たときに初めて気付く飼い主も多いですが症状がでたときには病気は非常に進行していることがほとんどです。年齢と共に定期検診をおすすめします。
また皮膚の病気にもなりやすいので皮膚や被毛のケアをこまめに行いましょう。

ジュイクル事前登録サイト
ページ先頭