犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「もしもの時に備えよう!災害時のペットの守り方」

× 閉じる × 閉じる
HOME > もしもの時に備えよう!災害時のペットの守り方

もしもの時に備えよう!災害時のペットの守り方

愛玩動物飼養管理士1級
持永朝美
[記事公開日] 2020-03-13 [最終更新日] 2020-03-13
ペットと一緒に過ごしていて災害に遭ってしまった際の、ペットの守り方について紹介していきます。
もしもの時に備えよう!災害時のペットの守り方
ペットも大切な家族ですから、もしものことがあった場合にはしっかりと守ってあげたいものです。しかし災害などはいつ起こるかわからず、また起こってしまった場合には気が動転して何をしたらいいのかわからないということもあるでしょう。

そこで今回は、災害が起こった時にどうやって大切なペットを守ったらいいのかということを紹介していきます。

ペットと避難する時の準備

ペットの避難に大切なものは、以下のようなものがあります。
・フードや水(少なくとも1週間分)
・キャリーケース、折りたたみのケージ
・トイレシーツ、ブランケット
・鑑札

フードや水は普段から備蓄用に入れ替えをして用意しておくといいでしょう。少し面倒に感じることもあるでしょうが、もしものことがあった時には用意しておくことでスムーズに避難することができます。

また、避難所ではペットが走り回らないようにきちんと行動を制御する必要があります。避難所には犬や猫が嫌いな人もいますし、アレルギーを持っている人もいます不用意に他の人と接触してトラブルを起こさないように、ケージやキャリーケースの中に入れておくことも大切です。

また、生活する上で犬が排出する尿などを処理するためにも、ペットシーツは必要です。寒い時期にはブランケットを用意しておくと、犬も安心して過ごすことができます。

さらに、突然の事態に犬もパニックを起こして逃げ出してしまう可能性があります。見つかった時にスムーズに返してもらえるように、鑑札を持っておくことも大切です。

もしもの時に備えよう!災害時のペットの守り方

災害が起こった時のために、普段から心がけておくこと

災害はいつ起こるかわからないので、いつ起こっても対応できるように、準備をしておくことは大切です。

いざという時には犬も猫もパニックを起こすこともあるので、そのような状況下でもきちんということを聞かせられるように普段からしつけをきちんとしていくことが大切です。しつけをしておくことで避難所で過ごすことになっても他の人に迷惑をかけることもありませんし、トラブルを起こして追い出されてしまうという心配も少なくなります。

また、災害時には他の家のペットも一緒に避難所に集まることがあります。そのため、避妊手術や去勢手術はしっかりと行っておくようにしましょう。これはペットの精神的な安定を図るためにも大切んことですし、マーキングなどの問題行動を防ぐためにも重要なポイントです。

特に子供を作らせる予定がない場合には、手術を受けられる年齢になったら早々に手術を受けさせておくようにしましょう。

また、犬や猫や狂犬病にかかる可能性もあります。たくさんの人が密集する避難所で感染者を増やさないためにも、狂犬病の予防接種をきちんと普段からさせておくことも飼い主の重要な義務となっています。狂犬病は犬や猫だけでなく、人などすべての哺乳類に感染する恐ろしい病気です。うっかりでは済まされないので、きちんと事前に対策を練っておくことが大切です。

もしもの時に備えよう!災害時のペットの守り方

ペットの精神的なケア

災害時には人間もパニックになって慌てて動いてしまうこともありますが、そうした飼い主の行動を見ると犬や猫も不安になって、精神的に大きなストレスを抱えてしまう場合があります。そうなると生きていく上でも大きなトラウマになってしまう可能性があります。

そのため、ペットと一緒に避難をする場合には、ペットを不安にさせないように飼い主はどしっと構えていることも大切です。普段と同じような態度で優しく接して、犬や猫が不安を感じないようにケアをしてあげることも、飼い主の大切な役割と言えます。

ペットは不安になるとパニックを起こして暴れてしまうこともあり、そのけっか他の人に迷惑をかけてしまう可能性もあるので注意が必要です。もちろん人間でも突然の災害に動揺してしまうことはありますが、優しく撫でてあげるという程度でもいいので、やってあげることで犬や猫は大いに安心するでしょう。

ペットには飼い主しか頼れる人がいないので、少しでも安心させてあげられるように振る舞うことが大切なのです。

もしもの時に備えよう!災害時のペットの守り方

まとめ

今回は、災害時のペットの守り方について紹介してきました。地震や水害、火災など、災害が起こると人もパニックになってどうしていいかわからなくなってしまうものです。しかしそこで冷静な判断ができれば、スムーズに避難をして事無きを得ることができます。

しかしペットというのは自分で考えて動く事は出来ず、飼い主が守ってあげないと災害時にきちんと逃げることができません。避難所でもペットを連れていると何かと苦労をする事もあるでしょうが、そこは飼い主として責任を持って対応していくことが大切です。

ペットを安心させれあげられることができれば避難生活も辛くはなくなるので、普段からきちんとしつけをして、いうことを聞くようにしてあげる事も愛情と言えるでしょう。

もしもの時に備えよう!災害時のペットの守り方
ジュイクル事前登録サイトジュイクル事前登録サイト
ページ先頭