犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「トイプードルのシャンプーは自宅でできる?プロに任せるべき?」

× 閉じる × 閉じる
HOME > トイプードルのシャンプーは自宅でできる?プロに任せるべき?

トイプードルのシャンプーは自宅でできる?プロに任せるべき?

トリマー
渡木駿介
[記事公開日] 2020-03-16 [最終更新日] 2020-03-16
トイプードルのシャンプーは自宅でしていいのか?プロに任せた方がいいのか?について書いています。一緒に勉強していきましょう。
トイプードルのシャンプーは自宅でできる?プロに任せるべき?
トイプードルを飼っている方にぜひ読んでいただきたい記事です。正しい知識を持って、愛犬のお手入れをしてあげましょう。しっかりとしたケアをしてあげれば、わんちゃんとの絆も深まること間違いなしです。

トイプードルのシャンプーはプロに任せるべき

まず結論からお話しますと、トイプードルのシャンプーはプロに任せるべきでしょう。やはりプロはどんなところ、どんな時にトラブルになるかなど、注意するべき点を熟知していますし、簡単そうに見えるシャンプーでも長年の技術を注ぎ込んでいます。

自宅でシャンプーすればトリミング料金の節約にもなりますし、なによりわんちゃんとのスキンシップになりますよね。しかし、トリミングのプロがいるということはプロがいる理由があるんです。

トイプードルにとって重要なシャンプー

人間は毎日シャンプーをしますが、ワンちゃんはさすがに毎日シャンプーはしませんし、しすぎても逆効果になってしまいます。プードルの場合は全身カットの前にシャンプーブローをして、うねうねの毛をまっすぐにのばしてあげることで、ふわふわに可愛くカットできます。

だいたい1ヶ月に1回全身のカットと一緒にシャンプーしてあげるくらいが、皮膚や被毛の健康にもベスト。モジャモジャになりすぎる前にカットもできます。ふわふわ感を持続させたり、顔だけカットしたりする場合は、2週間に1回くらいで月1の全身カットの間にシャンプーをはさんであげるといいでしょう。

毛玉のままシャンプーはNG

トイプードルを飼っている皆さんは、身に染みて分かっていると思いますが、ちょっとブラッシングを怠るとすぐに毛玉になってしまいます。

毛玉になって汚れてきたからシャンプーをしてキレイにしよう!なんて安易に考えていませんか?毛玉をそのままシャンプーしてしまったら、ふわふわの綿に水を含ませているようなもの。ギュッと凝縮して、乾いたらガチガチに固まってしまいます。

そうなるとワンちゃんも痛いですし、バッサリ切り落とすことで対処するしかない場合もあります。プロのトリマーは、毛玉があったらそれがワンちゃんの負担にならないように処理してくれるので安心です。

しっかりすすがないと逆効果に

シャンプーする時にはシャンプーとトリートメントをしようしますが、これらを使った後にはしっかりと濯ぎをしてあげないと皮膚トラブルの原因になってしまいます。特に脇の下や指の間には薬剤が残りやすいです。また、目に入った場合もしっかりと流さないと、目のトラブルにもつながります。

自宅でシャンプーすると、ワンちゃんが嫌がったり遊び始めてしまったりして、中断してしまう飼い主さんがいます。すると、シャンプー剤が残ったまま流せない状態になるので、皮膚の負担になってしまうのです。

その点、プロのトリマーは普段ワンちゃんと一緒にいる人ではないので、ワンちゃんも多少緊張していい子にシャンプーさせてくれやすくなります。濯ぎにくいところもキチンと濯ぐことができます。

自宅でやるなら部分的な手入れだけで充分

ここまでトイプードルのシャンプーをプロに任せた方がいい理由をお話ししてきましたが、それでも自宅でシャンプーしたい方もいるでしょう。お散歩やドッグランにいって足元が汚れてしまったとか、ウェットフードなどの食べかすがついてしまったとか。

そんなときには、汚れてしまった部分だけを手入れしてあげるだけで充分です。足先を流してあげたり、口周りを拭いてあげたりしてください。濡らしたところはできればドライヤーで乾かしながらブラシでのばしてあげると、毛玉になりません。

まとめ

トイプードルのシャンプーに関して、いかがだったでしょうか?自宅でシャンプーするのもいいですが、お金を払ってプロにお任せすれば、お金を払っただけのクオリティで帰ってきてくれます。

シャンプーでなくても、ブラッシングしてあげたり散歩に連れて行ってあげたりと、自宅でできるもっと簡単なお手入れ、お世話がいくらでもあります。無理にシャンプーするよりも、簡単にできるお世話をしてあげるだけで充分ワンちゃんに愛は伝わります。

かけるべきお金はしっかりとかけてあげて、自分でできるお手入れなどは精一杯やってあげる。これが1番の愛情ではないでしょうか?

ジュイクル事前登録サイトジュイクル事前登録サイト
ページ先頭