犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「ワンちゃんと暮らす」

× 閉じる × 閉じる
HOME > ワンちゃんと暮らす

ワンちゃんと暮らす

ドックセラピスト
安藤夏子
[記事公開日] 2020-04-21 [最終更新日] 2020-04-21
ワンちゃんと一緒に暮らす事を決めたら、ワンちゃんが来る前に、準備して欲しい事がいくつかあります。

人とワンちゃんの共同生活をスムーズにノンストレスでお互いが迎えるための参考になさってください。
ワンちゃんと暮らす
今までペットのいない人間だけの生活と、ワンちゃんが一緒に暮らす生活では、色々な事に注意してあげる事が必要です。

大した事でないようでも、そんな小さな事がお互いのストレスになったり、ワンちゃんの怪我や病気の原因になってしまったりするのです。

そうならないよう、お互いがノンストレスで楽しいペットライフが送れる準備をしてから、大切なワンちゃんのお迎えに行きましょう。

ワンちゃん専用スペースの確保

一番大切なのは、まず、ワンちゃんが1日の大半を過ごす場所をどこにするかです。

ワンちゃんが安心して眠る事が出来るプライベート空間です。

ゲージの中にベッドなど、眠るスペース作って上げるといいでしょう。

「ここはあなたの場所よ」「ここは安全で誰も邪魔をしないから安心よ」というスペースを持たせて上げましょう。

場所はできれば、家族の目が届くところにして上げると、「家族の近くにある安心できるスペース」というダブル効果を持ってくれます。

結婚や同棲など人間でも良く言いますが「初めが肝心」なのです。

そうして上げる事で、将来的に留守番をさせる時や夜寝る時も、自分のスペースで過ごしてくれる癖が付き易くなります。

可愛いからと言って、最初に一緒にベッドで寝てしまったりすると、そのベッドは自分の場所だと認識してしまい、人と犬の線引きが出来ないワンちゃんになってしまう事があります。

ワンちゃんと暮らす

怪我をさせないためにも床は大事

ワンちゃんによってはとても股関節の弱い犬種の子がいますが、犬種に限らずワンちゃんに怪我をさせないためにも、床の素材に気をつけて上げて下さい。

最近のご家庭の床はフローリング床のお家が多いかと思います。

お掃除もしやすいですし、見た目もおしゃれですよね。

でも、ワンちゃんにとっては爪が引っかからないので、とても滑りやすく歩きにくいのです。

飼い主さんと遊んでいて、嬉しくて走るワンちゃんが、Uターン出来なかったり、止まれなくてそのままスーーーっと滑っている動画とか見た事ありませんか?

小さいうちはせいぜい滑る程度ですから、怪我まではなかなかしませんが、だんだん大きくなると、ソファの上に上がれるようになれば、飛び降りるようになります。

その時に着地が踏ん張れなくて股関節を痛めてしまうワンちゃんがいます。

そうならないためにも、カーペットやコルク剤などの滑りにくい物を敷いてあげるなどの対策をして上げて下さい。

ワンちゃんと暮らす

家中自由な出入りは危険の元

ワンちゃんが来て嬉しいからといって、ワンちゃん中心に全てを整えてしまうのは、考えものです。

人にとって楽しかったり、便利だったりするものが、ワンちゃんにとっては危険な物だったりすることがあります。

だからといって、ワンちゃんの為に人がそれを諦めてしまうと、飼い主さんがストレスを感じるようになってしまいます。

それではワンちゃんへの愛情も減ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、ワンちゃんが入れない場所を作るのも大切です。

階段や玄関が危ない場合は、入れないように赤ちゃん用の柵をするのもいいでしょう。

電気のコードなど、噛まれては危険だし、困る物はコードを隠すグッズなどでカバーしたりします。

ワンちゃんと暮らす

収納について

ワンちゃんのための収納箇所てして、玄関、リビング、お風呂、キッチンの4か所あると便利です。

玄関にはリードやトイレセットなど、お散歩に行く時の荷物をまとめて置いておきます。

ワンちゃんはお散歩が好きな子が多く、お散歩に行ける!と大喜びなのに、リードがない、お水がないともたもたしてると、ワンちゃんが大騒ぎになってしまい、おしっこを漏らしてしまうこともあります。

おもちゃはリビングに置いて、ワンちゃん自身でも取れるようにしておいてあげましょう。

お風呂場にはシャンプーやブラシなどお風呂の道具を、キッチンにはドッグフードやおやつなどを保管する場所を決めておきましょう。

もちろん、ご家庭によっては1ヵ所にまとめて置けばいいというのも有りですが、分けておいた方が、何かと便利です。

トイレの場所

トイレはワンちゃんが来てからでないと決められませんが、一番最初に覚えて欲しいと思うのが、トイレではないでしょうか?

お手やお座りよりも、まず、トイレのしつけをさせたいですよね。

ここで知っておいて欲しいのが、ワンちゃんは自分の寝床の側にトイレを作って欲しくないのです。

ワンちゃんのプライベート空間から少し離したところ(ゲージの外)に作って上げましょう。

やがてワンちゃんにとって、排泄しやすい場所が決まってきます。

初めは失敗してしまうけど、段々と決まったところでするようになります。

その場所にトイレを置いて上げましょう。

ワンちゃんとスムーズな生活

一緒に暮らす以上、仲良く暮らしたいですよね。

出来れば叱ったりしたくないです。

ですから、触られたくない物は、届かないところや見えない所に片づけて下さい。

ワンちゃんにとっては何でもおもちゃです。

特に仔犬にとっては、どんな物でも興味津々です。


ブランドのカバンや靴を噛まれてボロボロにされてしまったなんて話、よく聞きますよね。

ワンちゃんにはブランドなんてわかりません。

植木鉢をひっくり返してしまったりもします。

かじられたり、壊されて怒るのではなく、そうなる前に片づけるひと手間をして上げて下さい。

そうする事で、お互いノンストレスで過ごせます。

ワンちゃんと暮らす
ジュイクル事前登録サイト
ページ先頭