犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「室内飼いの猫のストレス!ストレスに良い猫の食品とは?」

× 閉じる × 閉じる
HOME > 室内飼いの猫のストレス!ストレスに良い猫の食品とは?

室内飼いの猫のストレス!ストレスに良い猫の食品とは?

第一種動物取扱業
熊谷瑞穂
[記事公開日] 2019-03-08 [最終更新日] 2019-09-18
室内飼いの猫のストレスあまり気にかけていないのではないでしょうか?
猫の免疫力を落とす要因はストレスです。気ずかずに病気になってしまっていることがあります。
飼い主さんが、上手に猫のストレスを解消してあげる必要があります。そこで、今回は猫のストレス解消法とストレスに良い食品をご紹介いたします。
[ 目次 ]
室内飼いの猫のストレス!ストレスに良い猫の食品とは?

猫のストレスの要因

・フードは気に入ったものを与えているか?
・おもちゃはあるか?遊び物に退屈していないか?
・引っ越し、里子入り環境の変化
・トイレは清潔にしているか?
・猫に構いすぎていないか?
・音や匂い猫の嫌がるものは無いか?
・上下運動ができる工夫はできているか?
・大きな声をだすと恐怖を感じたりします

猫のストレスのサイン

・食べる重が減ったり食べなくなる
・トイレ以外で排泄する
・狭い所に隠れる
・体を舐め続ける
・トイレ以外で排泄する
・段ボールや布を食べる
・ひんぱんに泣いたりする

室内猫は運動不足に気をつけて!

キャットタワーは縄張りにもなり、ストレス解消、肥満予防にもつなげることができます、猫は高い所を好みますので最適です。
もしくは、室内の段階上り下りも良いでしょう。
または、段差のある棚とかでも良いでしょう。

室内猫の縄張り

日当たりの良い場所に窓が有りが猫には心地が良いとされております。
必ず猫ベットに毛布で居場所を確保してあげてください。段ボールに毛布でも良いでしょう。
居心地の良い睡眠を作ってあげましょう。
夏はクーラーで涼しい部屋で。もしくは冷却マットなどでも良いでしょう。
冬は、こたつを出してあげたりもしくは猫用ヒーターのグッズを用意してあげて暖を取れるようにしてあげましょう。
おもちゃ、ぬいぐるみを一緒に置いてあげると良いでしょう。快適であれば、ストレスが溜まりにくくなるでしょう。

室内猫の狩り遊び

おもちゃを使って、狩り遊びを工夫しましょう。
ねこじゃらしのおもちゃで飼い主さんが遊んであげましょう。飼い主さんがねこじゃらしで遊んであげるのは5〜10分ほどで良いでしょう。
また、おもちゃには、玉系の物から羽がついている物、ねずみ、虫の形のおもちゃとさまざまなものがあり
室内猫も興奮して、狩り気分でエネルギーが減少しストレス解消となります。心身とも良い運動になります。

ブラッシングと爪とぎ

ブラッシングは気持ちいいもので、猫同士で言えば毛づくろいにあたります。
ブラッシングは上から下に、全身にかけて行ないます。飼い主さんとのコミニケーションもとれます。
ショートヘアは一日一回、ロングヘアは一日二回が良いでしょう。
爪は伸びてくると、かゆくなりますので爪とぎを用意してあげましょう。

ストレスに良い猫の食品

ストレスに良い猫の食品をご紹介いたします。
ペプチドが含まれる食品がストレスに良いと言われてます。人間の食品にもあります。

ペプチドは、愛猫の心の健康維持をサポートします。
ペプチドが心身ともに良いとされております。

キャットフードには「一般食」と「総合栄養食」があります。
「一般食」ではなく、子猫〜シニア猫の腎臓の健康維持に配慮し、リン・ナトリウム・カリウムの含有量を調整した「総合栄養食」を与えるのが良いです。
おやつは、出来なかったことが出来るようになったご褒美として、または食欲が落ちている時にあげます。
おやつのあげすぎに注意してください。

まとめ

多頭飼いの猫はストレスを感じやすく、多頭飼いの猫はFIP猫伝染性腹膜炎に気おつけなければなりません。
ウィルスだけじゃなくストレスも要因の一つとされてます。
猫のストレス予防は、一番はその環境と飼い主さんとのコネニケーションです。
猫に優しい口調でニコニコして声をかけてあげると猫は安らげます。
一日一回以上は必ず、おはよう。行ってきます。今日も可愛いね。おやすみなさい。と声をかけてあげてください。
猫も言葉は、分からなくても感覚、感じで読み取っております。
飼い主さんと猫の信頼関係、安渡感が猫のストレス予防にもなり猫もリラックスした良い子に育ちます。
又、おこる場合は、「こら、ダメ!」です。叩いたりしたら、警戒し懐きにくくなります。
猫は音に敏感なのでテーブル等に上がった場合は、飼い主さんが両手でパンパンと手を鳴らすと逃げます。
猫とお互い癒される環境を工夫するように心がけてください。

ページ先頭