犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「愛犬が安心して楽しく過ごせるお留守番」

× 閉じる × 閉じる
HOME > 愛犬が安心して楽しく過ごせるお留守番

愛犬が安心して楽しく過ごせるお留守番

ペットシッター
新海芽依
[記事公開日] 2018-03-01 [最終更新日] 2019-09-13
愛犬との暮らしで避けられないものにお留守番がありますよね。吠え続ける、イタズラをするなどお留守番中の悩みも多いのではないでしょうか。実はちょっとした工夫で愛犬が安心して楽しくお留守番できる場合もあります。そんな工夫について紹介したいと思います。
愛犬が安心して楽しく過ごせるお留守番

原因は主に暇つぶしと寂しさ


お留守番中に飼い主さんが悩む愛犬の行動の多くの原因は暇つぶしと寂しさです。例えば、齧ってほしくないものを齧るなど物を壊してしまう。原因が暇つぶしなのか、寂しさなのかで工夫が変わってきます。では愛犬はどちらなのでしょうか?普段の愛犬の性格、行動から考えてみて下さい。例えば、元気いっぱいで遊びが好きな子だと退屈が原因の可能性があります。逆に飼い主さんに甘えん坊な子だと寂しさが原因の可能性があります。

暇つぶしにはワクワクするようなおもちゃとご褒美を


あなたは暇な時に何をしますか?飼い主さんにとって物を壊すなどは困った行動かもしれません。しかし愛犬のとっては楽しい暇つぶしなのです。そこで1匹で長時間楽しめる代わりになるおもちゃを用意します。コングが有名ですが、おやつを探す知育玩具がオススメです。食べたい時にすぐ食べられないのはかわいそうと思う方もいるかと思います。しかしそんなことはありません。このおもちゃを、人間で例えるならあたり付きお菓子に近いかもしれません。同じものなのに当たった方が美味しく感じませんか?ちょっとした壁はおやつをさらに美味しくするスパイスなのです。

知育玩具を作ってみよう


知育玩具は数種類用意して飽きないようにしてあげましょう。既成品の方が安全性はありますが、遊んでくれるか気になる方は手作りしてみるのもよいと思います。タオルなどの布、いらない靴下にフードやおやつを少量入れるだけで知育玩具になります。ただ注意して頂きたいのが、愛犬の爪が傷つかないように布はループ状になってないものを選んで下さい。靴下はビーズなど部品がついている場合は誤飲防止のため外して下さいね。また布や糸を食べてしまう子もいるので、最初は必ず目の届く時に与えて下さい。

寂しさには狭くて落ち着く最高の秘密基地を

わんちゃんは集団で生活する動物です。1匹で広い場所にいると寂しさや危険を感じやすいです。本来わんちゃんは狭い場所で落ち着く習性があります。そこでケージでお留守番できるようにトレーニングしましょう。あなたは幼少期に秘密基地を狭い場所に作ったことがありませんか?あの頃の気持ちに近いかもしれません。ケージが楽しく安心できる場所だと理解できれば、愛犬は落ち着くようになります。

愛犬が安心して楽しく過ごせるお留守番

楽しく安心できる環境作り

どうすれば愛犬がケージは楽しく安全な場所だと理解してくれるのでしょうか?あなたの秘密基地作りを思い出してみて下さい。自分の好きなものを持っていきませんでしたか?愛犬も同じです。愛犬の好きなおもちゃやおやつでケージの中が楽しいことを教えましょう。また飼い主さんの匂いがするものを入れてあげること、ふかふかのベッド、音楽やテレビをつけておくことで安心できるようになります。音楽はクラシックが落ち着きやすいのですが、愛犬が落ち着くのであればどんな音楽でもよいでしょう。

愛犬が安心して楽しく過ごせるお留守番

十匹十色のお留守番

紹介した方法は一般的なものです。わんちゃん1匹ずつに個性があり、お留守番の方法もそれぞれ違います。愛犬は行動で言葉を伝えようとしています。そのヒントを1個ずつ拾い集め、愛犬の言葉を知って下さい。そこから解決の糸口が見つかるかと思います。なかなかお留守番の悩みが解決しない方はドッグトレーナーに相談してみて下さい。もしドッグトレーナーが身近にいない場合は、ペットシッターや獣医など身近にいる動物の専門家にひとまず相談してみてもよいかと思います。

愛犬が安心して楽しく過ごせるお留守番
ジュイクル事前登録サイト
ページ先頭